傍目からは両思い……というかバカップルにしか見えないのに、なぜこのふたりは付き合っていないのか!?

 ニコニコ漫画クラブサンデーぷらす」にて掲載中の『愛してるゲームを終わらせたい』は、ある“かわいい遊び”を始めたばかりに引っ込みがつかなくなってしまった幼なじみ男女によるラブコメ作品です。

 愛おしくも甘酸っぱい駆け引きをくり広げるふたりのことを、温かい目で(ときには手に汗握りながら)見守っていきましょう。

ニコニコ漫画『愛してるゲームを終わらせたい』エピソード一覧

作者:堂本裕貴(@domoto64

「愛してる」と言わせたくて、はや4年

 小学6年生のある日、主人公浅葱優希也あさぎ ゆきや)は幼なじみ桜みくから思わぬセリフを言われます。

 突然「あいしてるよっ。ゆきや」と笑いかけてきたみく。しかし優希也は、「何言ってんだコイツ」的な怪訝な反応しか返せず。


 思えばあの日から、この愛してるゲームは始まった。……始まってしまったのです。

 まさかふたりもこの他愛もない照れさせ合いの遊びを、じつに4年間も続けることになるとは思わなかったでしょう。

 この春、めでたく中学を卒業した優希也とみく。

 意地っ張りで負けず嫌いなふたりは、“愛してるゲーム”に依然勝敗がつかぬまま高校1年生になろうとしていました。

 見たところ、どちらかというと優勢なのは揺さぶり上手なみくのほうに思えましたが……。

 何せこのゲーム、本人が「照れていない」と言い張る以上は決着とはならない熾烈なデスマッチ

 ふたりのいきつけのカフェ店員たちよろしく傍目から見守るぶんには楽しいものの、本人たちにとっては出口の見えない闘いを続けるに等しいルールなのでした。

幼なじみのふたりを繋いできた呪縛

 そんなこんなで、「じゃあねおじさん、ごちそーさまでしたー」と帰っていくみく。ついぞこの日もゲーム引き分けのまま。

 優希也としては、そんな彼女の一挙手一投足がかわいくてしかたないご様子。いやもうベタ惚れじゃん。さっさと付き合っちゃえよ!

 ちなみに、このカフェはみくの叔父が経営している模様。叔父さんたちの前では――みくさえいなければ素直になれる優希也。

 「くそっ……なんでこんなことに」と後悔しても時すでに遅し。はじめは悔しがるみくを見て楽しんでいたこともあり、自分を呪うしかありません。

 そんな優希也に変化が現れたのは、中学2年になってからのこと。

 ある日を境にぐっと大人びて見えるようになったみくを前に、彼は自身の恋心を自覚せずにはいられなくなってしまったのです。

 始めて2年でようやくマジ惚れし、それから今日まで2年間意地を張り続けてきた優希也。

 このゲームがふたりのことを繋いでくれていたことは確かなのですが、いまとなってはふたりの関係を縛る呪いでしかありません。

 なまじ時間をかけすぎただけに、いまさら負けるわけにはいかないと変なプライドを大事にしてしまうのが男子という生き物(?)。

 彼にも、みくに勝つために自分を磨き続けてきたというカッコいいところはあるのですが……このままでは本当に誰かに盗られてしまう恐れも。それでいいのか優希也!?

一進一退の攻防から目が離せない!

 4年間もの長期にわたって平行線をたどってきた両者の関係。

 ただ優希也としては、“変なプライド”と言って切り捨てるにはあまりに忍びない想いを抱えている部分もあったようで……。

 正直なところ、みくと脈がないとまでは思っていないが、かといって確証も持てず一線を超えられなかった優希也。

 そんな自分が情けない。こんな男がみくと釣り合うわけがない!

 つまり彼は、このゲームに勝って始めて彼女に告白する権利が与えられるものだと――勝てない以上は自分が自分を認められないのだと、そんな覚悟でこの闘いに挑んでいたのでした。

 そんなわけで、このゲームに勝った暁にはみくに告白すると再度決意し、高校デビューにいたった優希也でしたが……。

 のっけから強烈な先制パンチを食らって、早くもダウン寸前の事態に!?

 いや、これはしかたない。美少女幼なじみの初々しいブレザー姿、これは効く……!!

 そんな優希也を見て、内心飛び上がるくらいに嬉しかったのはみく。

 じつは彼女もこれまでゲームに勝つため……もとい、優希也を想ってさまざまな努力をしてきた身でした。

 何なら、“愛してるゲーム”を始めた理由も当時から優希也が好きだったから。中学2年からどころか、まるまる4年間恋し続けてきた健気さたるや。

 良くも悪くも切磋琢磨し合う素敵な関係性を保ってきた両者。しかし、優希也とて今日からはやられっぱなしではありません。

 わからせてやる!!」と大胆にも壁ドンに打って出てみますが……ここは惜しくも両者痛み分けな結果に。そこで退くな、押せ! 優希也!!

 そして対するみくも、「ちょーっと高校生らしさが足りんかったかもなー?」と制服のスカート丈を詰める詰める……!

 いやあこの仕草、たまりません。またも戦局はみくが優勢か!?

 しかしながら、ここでナチュラルに優希也が男らしいところを見せたため、同点ゴールで試合は振り出しに戻った感。

 むしろ若干押し返したか? 今後もまだまだ見逃せない展開続きとなりそうです。

 果たしてこの勝負、どちらが勝つことになるのか。そしてその先にどんな未来が待ち受けているのか。

 かわいすぎる応酬を続けるふたりがたまらなく愛おしく思えてくる本作。興味を持った方は、続くエピソードをぜひチェックしてみてください!

『愛してるゲームを終わらせたい』コミックス第2巻は2022年8月12日より発売中!

(画像はニコニコ漫画『愛してるゲームを終わらせたい』より)

ニコニコ漫画で『愛してるゲームを終わらせたい』を読めるのはこちら

ニコニコ漫画公式サイトはこちら

ニコニコ漫画おすすめ漫画記事―

・純情ポンコツ“くのいち”がひたすらカワイイ! 『くのいちはずかしい』は恋心が忍びきれないドキドキ忍者ラブコメ

・職業“便利屋”のスキルが異世界で活躍?『便利屋斎藤さん、異世界に行く』は剣も魔法も使えない普通の男が、努力して異世界に居場所を作っていく転生ファンタジー

・最弱なはずの“村人”がじつは最強でした? 『劣等職の最強賢者 ~底辺の【村人】から余裕で世界最強~』の村人の万能感がヤバい