『この世界の片隅に』とストリートビューで見るウクライナ…77年目の終戦の日と“戦争がある日常” から続く

 アニメーション映画の監督としてだけでなく、第二次世界大戦期の航空史家としても多数の実績を持つ片渕須直と、東京大学専任講師として、現在のウクライナ情勢について日本有数の知見を持つ小泉悠

 終戦77年が経つ今年、現在のウクライナ情勢に強い関心を持つ2人が、片渕が監督したアニメ作品『この世界の片隅に』『BLACK LAGOON』などを切り口に語った。『週刊文春エンタ』より、一部を抜粋して引用する。(全2回の2回め/前編を読む)

 ◆◆◆

ウクライナロシア、双方が抱える“ものすごく大きなトラウマ

小泉 1960年代のソ連には豊かな解放感があるんですよ。コンクリート製団地がばかばか作られていき、小市民的な生活がやってきて、あの気が狂いそうな第二次世界大戦からは切り離されたという感覚があった。

 でもそこからまっすぐにブチャの惨劇につながっていってしまう。ロシアがこの戦争を、この先どう克服していくか、大きな問題だろうと思うんですよ。

片渕 この先表面的にどう装おうとも、ものすごく大きなトラウマを抱えたままいかないといけない。

小泉 この戦争でロシアが負けたとしても、政治体制がすっかり書きかわることはないので、あの戦争は間違ってたんだ、と思うチャンスはたぶんない。ロシア人自身がこの戦争をどう総括して、どう落とし前をつけるかという、巨大な精神的問題を抱え込んだ。

ロシアからきこえた「人は撃てません」という兵士の声

片渕 開戦直後のロシア兵って、上官に命令されても「人は撃てません」という兵士がちゃんといて、ああ、ロシアの社会はちゃんとした市民を育てて来たんだなあ、と、ひとつの成熟を感じられたんですよ。そのあと略奪や虐殺など、めちゃめちゃなことが出てきちゃいましたが。

小泉 ロシア人はよく、「パチティー・ナーシ」、“ほとんど我々”という言い方をするんですよ。「ウクライナ人は区別がつかない、ほとんど我々である」と。だからこそ撃てないという兵士もいたでしょうし、戦争もなるべく無血で終わらせたい気持ちがあったと思うんです。

 でも、3カ月(収録時点)戦争をやってるうちに完全に現場がすさんでいく。歴史の教科書で見たような、異民族が攻め込んできて、殺して犯して奪うような古い戦争にまた結局戻りつつある。

片渕 「文明って脆いんだな」と。文明の発達とは市民意識とか平等感とかが成熟していくことなんだと思っていたのに、それをいとも簡単に覆してしまう。一人ひとりの人間が傷つけられているのはもちろんですが、今は人類の文明そのものが傷つけられている。

小泉 私は1982年生まれで“21世紀”という言葉に対して幻想を持っていた世代なんですね。昔のポピュラーカルチャーの中では、21世紀ってもっとキラキラしたイメージだったじゃないですか。それが結局まだこんなことなの? と。

「『BLACK LAGOON』がまだ企画段階の頃、じつは…」

片渕 『BLACK LAGOON』がまだ企画段階の頃、じつは、並行して別の会社でも進めていた企画があって、これがロシアとの合作だったんです。

 1941年、ソ連がピオニールから選抜して特殊教育を施された子どもたちが、少数精鋭の戦闘団を組むという話で。大祖国戦争という名の独ソ戦に投入されたその子どもたちに対して、後方にも撤退を許さないソ連のNKVD(内務人民委員部)の督戦隊がいてそれも脅威であるという設定にしたい。そう提案した途端にロシア側から下ろされてしまいました。

小泉 そうなんだ……やっぱり。

片渕 それで結局、残った企画のほうの『BLACKLAGOON』をやったわけなんですけど。

BLACKLAGOON』の21話はバラライカという元ソ連兵の過去話で始まるんですけどね。彼女は少女時代から射撃が得意で、オリンピック金メダルを取ることで、落ちぶれた軍人家系を復権させたい。そういう想いを抱いていて。軍隊に入るのが近道だといわれて入隊したら、途端にアフガンに派兵され、過酷な戦場でボロボロになり、オリンピックも人生そのものも奪われてゆく。原作のマンガでは描かれていないエピソードで。

小泉 それはオリジナルで。

片渕 いえ、原作者の広江礼威さんの腹案を聞いて、少し自分なりに翻案もしたんですが、社会の深い矛盾の中に落ちた人々、といった感じにロシアイメージが醸成されていったようなところがあります。

独ソ戦勝利の裏にある“後ろ暗いもの”

小泉 あの独ソ戦での勝利の裏に、いろんな後ろ暗いものがあったんですよね。“ナチズム”という人類的な悪を倒したとロシア人はすごく誇りに思ってるけど、その陰でスターリンが自国民をどれだけ殺したり、強制移住させたりしてたんですかと。そういうことをロシア人はなかなか非難できなかった。

 特にプーチンは、ソ連崩壊後のロシアアイデンティティを「ナチスを倒した国」というところに求めたので、余計言いにくくなっている。これは私たちを含めた西側の人間の責任だと思いますけど、ロシアシリアチェチェンで、現在のウクライナでの暴虐と、同じことをずっとやってきたんです。

片渕 それを我々は批判しなかった……。

小泉 たぶんプーチンが考えてるのはルーシの民とかスラブの民とか、そういうことなんだろうけど、そんなことをいっても結局、ウクライナにある「小さな片隅」をぶち壊しまくっているわけですよね。こんな戦争が、プーチンの望む成果をもたらすわけがないと思うんですけどね。スターリンにしてもプーチンにしても、為政者ってそんなふうになってしまうんですかね。

片渕 まぁ、一人ひとりの人生なんて考えてられないという立場なんでしょうね。ぼくらのようにものをつくったり描いたりする側は、一人ひとりを見つめていくという立場なので、正反対な立ち位置なわけです。

小泉 彼らはたぶん「片隅」があるということ自体が頭の中に入ってこないのではないかと。その時に「片隅」はあるぞ、こういう人たちが生きてるぞ、ということを描くのが物語の力なんじゃないですかね。

◆◆◆

※本記事は、2022年5月31日に「文藝春秋digitalウェビナー」で行われた対談を一部抜粋、改稿したものです。

(片渕 須直,小泉 悠/週刊文春出版部)

主人公すずの家の畑から戦艦「大和」の停泊する呉軍港が見える『この世界の片隅に』のワンシーン。一人ひとりの人生と戦争はまさに地続きで繋がっている