8月12日、格安ステーキ店「いきなり!ステーキ」などを運営するペッパーフードサービスは、創業者の一瀬邦夫社長が辞任することを発表した。同社は近年、業績不振にあえいでおり、同日に発表された2022年12月期の業績予想では最終損益を10億9000万円の赤字としていた。業績不振の裏で何が起こっていたのか——。「週刊文春」の記事を再公開する(初出:2022年6月23日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)。

◆◆◆

 格安ステーキチェーン店「いきなり!ステーキ」が直営の全店舗に対し、「料理用ビニール手袋は片手だけ着用して調理するように」という指令を下していたことが「週刊文春」の取材でわかった。

 近年、「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは業績不振にあえいでいる。

 1号店のオープン2013年。立ち食い格安ステーキという業態がヒットし、数年で全国に約500店舗を構えるまでに急成長を遂げた。しかし、過剰出店で2019年には営業赤字に転落。さらにコロナ禍が追い打ちをかけて3期連続の赤字に陥った。

2020年には別業態の『ペッパーランチ』の売却、不採算店舗の閉店、希望退職者募集とリストラを敢行。215店舗まで規模を縮小しました。2022年12月期は売上高が前期比11.1%減の168億4100万円、営業損失を1億6500万円と予想しています」(経済誌デスク

 同社を巡っては、小誌が今年2月10日号で「いきなりステーキ」の商標権を取引先企業に“担保”として移転していたことを報じている。

 そんな苦境の「いきなり!ステーキ」で、“手袋は片手だけ令”がいきなり下されたのは2021年9月のこと。現役アルバイトが戸惑い気味にこう漏らす。

「(片手だけに着用する)理由は『手袋の価格が高騰したから』。経費削減とはいえ、不便ですよ……」

 2018年から2022年まで勤務したペッパーフードの元社員Aさんもこう語る。

「衛生上、手袋をしていない手で食材は触れない。当然、片手だと時間がかかります。マニュアルでは『ランチは10分、夜は15分で提供すること』とありますが片手では無理。だから私はやむを得ずピーク時は両手に手袋をしていました」

 すると――。

「監視カメラで調理場を見ていた上司から『片手がルール。外しなさい!』と電話がきた。ピーク時だったので『やれるもんならやってみろ!』とつい言ってしまった。後日、命令に背いたという理由で改善指導書を出されました」(同前)

“片手ルール”徹底には無理があった

 Aさんサインをした「改善指導書」を確認すると、〈職務遂行能力に対して同業務に専念しているとは認められず、当社の業務に貢献しているとは言えません〉として、〈キッチンマニュアルに沿ったオペレーションが出来ていない〉などの「改善すべき事項」が記されていた。

 だが、“片手ルール”徹底には無理があったようで……。

「結局、数カ月後に『ピーク時や仕込みの時は両手に手袋をしていい』と緩和された。とはいえ、今でも多くの従業員が片手だけ着用して調理しています」(前出・現役アルバイト

 小誌が入手した写真では、複数の店舗で大半の従業員が片手だけに手袋をはめて調理していた。

 ペッパーフードに手袋“片手ルール”について聞くと、以下の回答があった。

〈店舗経費の見直しの際に、片手作業で出来るものに関しては片手のみの着用(両手で作業するものに関しては両手使用)で作業をするという配信は全店舗にて配信いたしました。あくまでも衛生レベルを一定に保ったうえで、手袋を無駄遣いしないよう意識して頂くという内容のものです〉

週刊文春 電子版」では、「いきなり!ステーキ」全店舗に下された“手袋は片手だけ令”のほか、売上ノルマに苦しむ店長のさらなる苦難などを報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年6月23日号)

安さと“立ち食いスタイル”で人気に