舛添要一

舛添要一東京都知事が13日、自身の公式ツイッターを更新。東京駅や自身の出身地である北九州市小倉駅タクシー乗り場の問題点について指摘した。

【ツイート】舛添氏「多雨地帯の日本で…」


■駅設計に違和感

1948年福岡県八幡市(現・北九州市)出身の舛添氏。山陽新幹線も停車する小倉駅は、北九州市最大の鉄道駅で、九州全体でも博多駅に次ぐ規模。しかし、その小倉駅も、また日本を代表する東京駅においてもタクシー乗り場に問題があると舛添氏は指摘する。

舛添氏は13日12時20分、「台風で雨だ。お盆で人々の移動も多い。私がよく使う東京駅八重洲口、福岡県小倉駅など、タクシーの車付けに屋根がない。駅の設計者も鉄道会社も何を考えて駅を作っているのか」とツイート

続けて「日本は砂漠ではなく多雨地帯だ。利用者無視の建設をいつまで続けるのか。政府・国交省も何の反省もない時代遅れの国だ」と、その設計思想を強く批判した。


関連記事:舛添要一氏、内閣改造で解決すべき課題に言及 自身が考える対策も明かす

■過去にも“屋根なし”を経験

舛添氏は過去、東京駅八重洲口でタクシーを降りた際も駅舎に入るまで大雨の中、屋根なしで歩いたことを取り上げており、依然と改善されないことについて「利用者無視だ」と発言していた。

■利用者目線ではない

これに対し、ツイッターコメント欄では「ユーザー目線の建築は希望します」「そんな施設はそこら中にある」「利用者目線でないことは確かかも」「その通り」「タクシーの車寄せの屋根だけではなく他も色々ありますよ」と舛添氏に賛同するコメントが散見された。


■駅設計に違和感

・合わせて読みたい→舛添要一氏、統一教会などカルト宗教について持論展開 「カルト110番の設置を…」

(文/Sirabee 編集部・田中サワ

舛添要一氏、駅タクシー乗り場の設計を批判 「利用者無視」「時代遅れの国」