メイン画像

13日(土)午後5時半頃、台風8号は伊豆半島に上陸しました。静岡県に台風が上陸したのは3年ぶりで、今年上陸した台風は2個になりました。

台風8号 伊豆半島に上陸しました

画像A

13日(土)午後5時半頃、台風8号は伊豆半島に上陸しました。静岡県に台風が上陸したのは、2019年19号以来、3年ぶりで、今年上陸した台風は2個になりました。

台風8号はこのあと静岡県を北東へ進み、あす14日(日)未明にかけて、関東甲信を北東進する見込みです。その後、東北の東海上を北東へ進むでしょう。

東海や関東甲信、東北の太平洋側では、非常に激しい雨や局地的に猛烈な雨が降って、大雨となる見込みです。
大雨による土砂災害、低い土地の浸水、川の増水や氾濫に厳重に警戒し、暴風、高波にも警戒して下さい。

なお、今年、日本に上陸した台風は、7月5日長崎県佐世保市付近に上陸した台風4号に次いで、これで2個となりました。1年間に上陸する台風の数は、平年だと3.0個です。

台風の発生しやすいシーズンが続きます。引き続き、情報に気を付けて安全にお過ごしください。

台風の大雨 土砂災害から身を守るための情報

画像B

台風が近づくにつれて、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込むので、雨が続いて、土砂災害が発生する恐れがあります。土砂災害から身を守るには、次の2つの情報をチェックするのが、おススメです。

1つめは、住んでいる場所(今いる場所)が、土砂災害が発生しやすいかどうか、確認することです。都道府県国土交通省のホームページを見て、「土砂災害警戒区域」や「土砂災害危険個所」となっていれば、土砂災害の恐れがあります。ただ、土砂災害警戒区域でなくても、近くに「がけ」がある所は、注意が必要です。

2つめは、雨の情報を確認することです。パソコンスマホで、雨雲レーダーを見ると、雨雲の様子を確認できますし、気象庁のホームページなどでは、「どれくらい雨が降ったか」という情報だけでなく、「土砂災害警戒情報」が発表されている所もわかります土砂災害警戒情報が発表されたら、自治体からの避難指示の発令に特に注意しながら、安全な所へ避難してください。

台風8号 伊豆半島に上陸しました 静岡県に台風上陸は3年ぶり