日本人の議長経験のある国会議員が、韓国を弟とし、「日本は兄貴分」だと発言した。日帝時代に朝鮮半島で生まれた彼からしたら、弟の声を聞くことができるというやらせだったのかもしれない。

 案の定、弟こと韓国の大学教授が反論を開始した。「韓国は先祖格」だと。大きく出たな、弟。じゃあ、お前たち兄弟の親や親戚一族郎党の家系図を出してもらおうじゃないか。

 国会議員は、アメリカとの関係は、血縁関係で例えることはしなかった。日本とアメリカの関係は不平等だと答えている。

 実は、戦前派の日本人の中には「日本は、アメリカ植民地なんだよ」と21世紀になってものたまっている高齢者世代もいる。議員も同世代であり、同調か。確かに日本のあちこちに米軍の基地があり、アメリカの言うことはご無理ごもっともとしたがってきた政権が日本には存在する。そこを変えようと、アメリカ大統領と、日本の総理大臣が、あだ名で呼び合う茶番を行った。そしてそれ以降政権が変わるたびに、あだ名外交は周到している。もしや、これからの総理大臣は「ポチ」と言われてもニコニコ笑って返事するかもしれない。そういう点では、韓国の政府幹部も同じだ。

 韓国の大学教授が「先祖格」とした根拠は、生命の起源からではない。それだったら面白い展開だったろうに。

 韓国の文化コンテンツが世界中でヒットし、危機感を日本が持ったとしている。そんな意味でも、文化というものは、韓国発祥のものが多く、それは歴史的にも言い切れるとしている。

 今話題の韓国発祥の宗教団体では、韓国がアダムで、日本がエヴァとしている。悪魔として日本人が生まれたというのならば、韓国人も先祖格として悪魔なのだろうか。そもそも、キリスト教におけるアダムとイブから人類が始まったとしたら(日本神話的には、伊邪那美伊弉諾)、欧米人もアジア人も、アフリカ系も、すべては同じ先祖なのだ。韓国だけ突出しているわけがないではないか。よく教授になれたな~私学は誰でもなれるんだった。

 もう、同じ祖先から生まれたという親戚関係はやめよう。兄でも弟でもない。日本人韓国人、相容れない民族という事実だけ。それだけ。

韓国の国旗