画像はイメージ

女性上司が男性にセクハラや差別をするケースもあるようだ。東京都の30代男性(東京都 企画・マーケティング・経営・管理職/年収650万円)は、前職の上司の態度から「逆性差別」を実感することが多々あったと打ち明ける。一体どのようなものだったのか。(文:草茅葉菜)

キャリコネニュースではジェンダーギャップをテーマにしたアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/ZYVZFJ4M

「男性が女性に対してやったとしたら一発で通報モノ」

男性が以前勤めていた会社には、女性の上司がいた。「社会人生活の中で初めての女性の上司」だったが、「やや過干渉で、プライベートなことを良く聞いてくる上に、非常に下品だった」という。

「酒の席では私に向かって『30超えて彼女もいないなんて、変な性癖でもあるんじゃない?ガハハー』といった感じ。 他にも、非常にヒステリー持ちで気に入らないことがあるとすぐにカっとなって怒鳴りつける、書類を投げつけるなど、男性が女性に対してやったとしたら一発で通報モノのことも、なんとなく許されているきらいがありました」

と呆れた言動を振り返る男性。女性が昇進することはジェンダーギャップ解消への一歩につながるが、それで男性が虐げられるようでは確かに「逆差別」になってしまう。

男性はその後転職したが前職の友人と久々に話し、その上司の言動はさらに悪化していると聞いた。例えば

「社員同士の『子ども保育園で…』とか『昨日奥さん(旦那)が…』といった雑談は全て『セクハラだ!私へのあてつけだ!』と喚き散らして禁止にした」

という理不尽さだ。それでも女性上司は「自分の加害性にはまったく無自覚」で、相当疎まれているという。

セクハラパワハラには細心の注意を払う男性

男性は、現在の職場で女性の部下を持つ身になり、「セクハラパワハラと取られかねない言動には細心の注意を払っている」と明かす。

「昭和オヤジはわかりませんが、平成時代に社会に出た私達『平成オジサン』連中は同じようなもので、今は戦々恐々ですよ」

と時代の変化に対する本音も漏らした。

「私は女きょうだいの家庭に育ち、大学も女子が多い文系学部だったので比較的ジェンダー平等などには理解のある方だと自負していましたが、あの上司のおかげでその点は随分自信がなくなりました」

と苦笑いしつつ自分の価値観を振り返っていた。

「30超えて彼女もいないなんて変な性癖でもあるんじゃない?」女性上司の言動に呆れる男性