現状を打破したければリスクを取らないといけません。願わなければ叶わないのです。行動しなければ成功はないのです。志望しなければその大学は受かりません。9浪して27歳で早稲田大学に合格した濱井正吾氏が『浪人回避大全 「志望校に落ちない受験生」になるためにやってはいけないこと』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

多浪しても志望大学に入るという覚悟

▶「リスクヘッジ」リスクを取らない/重要度★★★★★

私が人生において行った冒険は大きく分けて2つあります。

1つ目は、人生お先真っ暗と揶揄されてでも入りたい大学に多浪してでも入る決断をしたこと。

2つ目は、人が隠したがる9浪の経歴を、実名顔出しで当時白い目で見られていたYouTubeに晒したことです。

1つ目の冒険をした理由は、まさに学歴を得ることによって人生を逆転しようとしたためです。そのため、ありとあらゆる雑音を排除しました。私は金銭面や周囲の環境が決していいとは言えない環境で生まれ育ち、最初の大学に入ったときに京都大学同志社大学の学生に会って、人生に絶望しました。

きっとこのまま最初の大学を出て人生を過ごしていけば、高校までの生活と同じような未来しか待っていないと思ったので、どうせ死ぬなら社会的に死んでも、自分の思いを遂げてやろうと思ったのです。

その道は決して平坦なものではなく、10年はかかるであろうということを実感していました。私が大学を卒業するまでの4年間を浪人にカウントすることを疑問に思われる方もいると思うのですが、私が大学を卒業したのも、親族の攻撃を受けない大学生という身分で自分を守りながら勉強をしようと思ったのが大きいです。

一度目の就職活動で大手企業を受け続けたのも、一流大学の学生を相手にどれだけ戦えるのかが知りたかったからです。結局、残念ながらその思いは叶わず、自分はこのままでは社会で通用しないという思いが一層強くなり、大学卒業とともに親族に思いを伝え、周囲の非難に晒される5年間を送ることになりました。

2年半勤めた会社を辞めた後の私への非難はさらにひどくなりました。25歳の無職の人間など、地元社会ではもはや死んだも同然なのです。それでも、この死んだフリを社会で高く跳ね上がるための準備期間として耐え抜くことができました。リスクを取ったからこそ、27歳で自分がかつて憧れた一流大学の学生と日常的に交流できる環境に入ることができたのです。

受験をするときにも、最後まで私はMARCHを2回に1回受かるかどうかというレベルでした。それでも諦めずにわずかな可能性を信じて早稲田の対策に時間を費やし、併願した明治と立教は対策しきれずに落ちたものの、早稲田に受かりきりました。

9年かかりましたが、リスクを取ったからこそ、負の相関から脱出できたのです。

卒業時31歳は商品価値がないと実感

2つ目の冒険をした理由は、大学のうちに何かで実績を残さなければ、どこの企業に入ることもできないと思ったからです。一度目の就職活動に失敗し、受験勉強のために2年半社会人をしていた私は、いくら早稲田大学の学生とはいえ、卒業時31歳になる自分にはほぼ商品価値がないことを実感していました。

早稲田大学のような一流大学の学生が進む大手企業は、たいてい数年を人材育成期間とします。これは投資のようなものです。将来の戦力として長い期間にわたって会社に利益を生み出すため、時間とお金を使って新入社員を育成するのです。

だから入社時31歳の私が会社に入ったところで、利益を生み出す期間は単純に10年近く短くなります。これは投資としては割に合いません。私が人事だとしても、よっぽど会社に利益をもたらす証拠となる能力がないと取らないだろうと思っていました。

だからこそ、もう1つの夢であった教員の資格を取ってリスクヘッジしつつも、実名顔出しYouTubeTwitterをやって自分のコンプレックスを発信し、名前を売って仕事に繋げようと思っていました。

私が動画に出だした2019年当時は、まだYouTubeに対して世間が白い目で見ている時期で、企業としてはリスクでしかなく、元・企業人事の就活系YouTuberと呼ばれる方も「YouTubeをやっている学生は採用しない」と明言していました。

そんな時代だからこそ、まだ競合の少ない場所で自分のコンプレックスであった経歴を前面に出すことで大勢の方を勇気づけ、ファンを獲得し、好感度の高い状態で名前を売れる可能性が高いのではないかと思ったのです。

その結果、初めて出た「バンカラジオ」のサブチャンネルバンカラブックス」で出演した多浪生がトークをする番組は現在80万再生を突破し、大勢の方に私の人生を応援もらえるようになりました。

人がやりたくないことだからこそ、恥を捨てて勝負すればリスクに見合うリターンがあると思ったのです。きっと受験系・大学生系のYouTuberが乱立する今、私がこの経歴でYouTube出演しても、埋もれていたに違いありません。

もちろん、この決断は相当勇気が要りました。自分の考えや人生を叩かれたら自己肯定感の低い自分は立ち直れないだろうという過去にない恐怖に襲われました。でも結果的に大勢の方に支持をいただいたおかげで発信活動を続けていく勇気をいただき、自分も大勢の方に勇気を与えられる人間になりたいと思うようになりました。

それが現在勤務する教育関係の企業にお声がけいただき、この書籍を出すきっかけにもなったので本当に感謝しています。

受験生の皆さんにもどうか、現状を打破したければリスクを取ってほしいと思います。願わなければ叶わないのです。行動しなければ成功はないのです。志望しなければその大学は受からないのです。応援しています。頑張ってください。

濱井 正吾 9浪はまい

(※写真はイメージです/PIXTA)