昨今、緊急課題のひとつとしてあげられることの多い「氷河期世代の支援」。ただ就職氷河期といっても、その期間は10年以上にもなるので、当事者でも事情は異なります。特に情勢の厳しかった後半の世代は、後悔も大きいようです。みていきましょう。

大学卒業しても…「就職氷河期」でも特に「2000年代前半」は悲惨だった

最近はコロナ禍で耳にしなくなりましたが、会社員の宴席でよく繰り広げられるのが、世代間ギャップの話。だいたい「お前らの時代はいいよなー」などと、先輩が後輩に絡み酒してくるのが、ひとつのパターンでした。そして絡んでくる先輩は40代の中堅社員というのがお決まりです。

――おれらの頃は就職先がなくってさあ

だいたい、そんな文句が繰り返されるわけですが、無理はありません。本当に就職氷河期といわれる時代は、いまでは考えられないほど、就職活動は困難を極めたのですから。

就職氷河期の世代は、1993年2004年に学校卒業期を迎えた世代。高卒であれば、1975年から1986年に生まれ、2022年時点で36〜47歳になる人たち。大卒(ストレートで大学に入り、4年で卒業した場合)であれば、1971年から1982年に生まれ、2022年時点で40〜51歳になる人たち。どちらにせよ、いまの40代はどの年齢を切り取っても「就職が厳しかった」が口癖なわけです。

学校卒業時、有効求人倍率は1を上回ることなく、大学卒業者であっても、1万人以上が「一時的な仕事」、つまりパートアルバイトに就きました。特に2000年2003年にかけてはその数は2万人を超え、大学就職内定率も91~92%と、非常に厳しい状況だったのです。

【「一時的な仕事に就いた者」、「大学就職内定率」の推移】

1997年:10,738人/94.5%

1998年:11,957人/93.3%

1999年:16,023人/92.0%

2000年:22,633人/91.1%

2001年:21,514人/91.9%

2002年:23,205人/92.1%

2003年:25,255人/92.8%

2004年:12,412人/93.1%

2005年:12,061人/93.5%

2006年:12,039人/95.3%

出所:文部科科学省『文部科学統計要覧・文部統計要覧』、厚生労働省資料より

※数値左:大学卒業者のうち一時的な仕事に就いた者の数、右:大学就職内定率

就職氷河期といっても10年以上にも及び、特に2000年代に入ってからの数年は本当に酷い状況でした。そのため、ひと口に就職氷河期といっても前半と後半では厳しさが異なり、その洗礼を受けた氷河期後半の人たちのなかには、「(就職氷河期の)前半の人たちとは厳しさが違う、同じに考えてもらっちゃ困る」などと、変なプライドをもった人たちもいます。

団塊ジュニアの下の世代「ポスト団塊ジュニア」…やりたいことをやる!の末路

就職氷河期前半の人たちは、団塊ジュニアと呼ばれる人たちで、第1次ベビーブームで誕生した団塊の世代の二世。1971年から1974年に生まれた人たちで、2022年に47歳から51歳になる人たちです。そして本当に就職活動が厳しかった2000年から2003年の大卒である、40代前半の人たちを、団塊ジュニアの下の世代ということで「ポスト団塊ジュニア」と呼ぶことがあります。

希望の職がなく、諦めて希望でもない仕事に就く人が多かった一方で、「したくない仕事をするなんて性に合わない。やりたいことをやる!」と、あえてパートアルバイトを選択した人も多くいました。社会に期待するのをやめ、自分を高めることを優先したのです。そのため、パートアルバイトをしながら資格取得を目指す人も多かった世代です。

厳しい時代だったため極端に安定志向の人もいれば、極端に意識が高い人も。あえて非正規を選んだとしても、自分を磨き、自分の力だけでのし上がった……多かれ少なかれ、そのような経験を持つ人が多いからでしょう。冒頭のように会社では少々うざがられたり、面倒くさいと思われる人が多いのも、この世代の特徴といわれています。

ただ上を目指そうとして、実現できた人はひと握り。努力すれば報われるというほど、社会は甘いものではありません。「いずれ、景気はよくなる」と期待し、あえて非正規社員として社会人人生をスタートしたものの、雇用環境が良くなったころにはマネージメント経験が問われる年齢に。どうしてもキャリア的に見劣りするため、非正規雇用から抜け出せず、今日に至る、というパターンが実に多いのです。

厚生労働省『令和3年賃金構造基本統計調査』によると、男性・40代前半・正社員の平均月収は44万6,200円、手取りにすると33万~34万円、推定年収は684万4,800円になります。一方で男性・40代前半の非正規社員だと、月収は25万6,100円、手取りにすると20万円、推定年収は322万5,300円。正社員になれた/正社員になれなかったで、手取りでは8~9万円、ダブルスコアを上回る年収差が生じているのです。

「いつかは自分も」と成功を夢見つつも、40代になり現実がみえてきたころでしょうか。「もうやっていられない」と匙を投げる人が続出。しかし、時すでに遅く、「キャリアのない40代」は扱いにくく、人材市場でも敬遠されがち。「したくない仕事をするくらいなら……」と、あえて非正規社員を選んだことが、悔やんでも悔やみきれない後悔となっています。

(※写真はイメージです/PIXTA)