お盆に夏休み、楽しいイベントが盛りだくさんの8月ですが、毎年、私たち日本人が忘れてはならないいくつかの日があります。今年は広島と長崎への原爆投下、太平洋戦争終結から77年。日本での戦争体験者は年々少なくなりますが、欧州では新たな戦火が上がり、世界全体の平和は未だ実現できていません。

【フォトギャラリー】ハリウッドの特殊メイクチームとリアリティを追求した「8時15分 ヒロシマ 父から娘へ」場面写真

古今東西の戦争を描いた映画を見ることによって、多くの人々の尊い命を奪った悲劇を2度と繰り返すことのないよう、気持ちを新たにすることができるでしょう。映画.com編集部スタッフ7名の心に焼き付いた、後世に伝えたい「戦争を描いた映画」邦画、アニメ、洋画20作を紹介します。

■「ひめゆりの塔(1953)」

【作品概要】
太平洋戦争末期の沖縄戦に看護要員として動員された女子学生たちからなる「ひめゆり学徒隊」の奮闘と悲劇を今井正監督、水木洋子の脚本で描く。出演は津島恵子、香川京子、岡田英次、藤田進ら。今作以後も、1982年に今井監督の同名作リメイク、吉永小百合主演「あゝひめゆりの塔」(68/舛田利雄監督)、沢口靖子主演「ひめゆりの塔」(95/神山征二郎監督)など多くのリメイク作品が作られている。

あらすじ
敗戦への最後のあがきとして、軍は沖縄師範女子部沖縄県立第一高女の女学生たちまでも、勤労奉仕と称して最前線へかり立てた。傷ついた戦士たちを看護する従軍命令をうけた生徒たちは、ひめゆり学徒隊として戦地へ赴くことになる。日を追うごとにアメリカ軍との戦いは熾烈を極め、負傷兵の数も次第に増え、毎日の食事も十分にとることはできない。敵軍に包囲された島で、逆上した軍人は、降伏をすすめる敵軍の放送に思わず駆け出す娘を、容赦もなく射ち殺す。そして、ひめゆり学徒隊と教師たちは、次々無惨な死をとげるのだった。

【見どころ】
終戦からわずか8年後に作られた、沖縄戦の悲惨さを描いた記念碑的作品です。現代で言えば中高生にあたり、本来なら勉強をしているはずの女子学生が看護要員として、重い荷物を運び、防空壕内で負傷兵の手当てを手伝ったり、死亡した兵隊の死体処理を任されたりと、たとえ成人であっても心身にダメージを負う任務を課されます。学生たちの月経時の体調を心配をする女性教師に「(戦争のストレスで)止まっている」とあっけらかんと答える場面も逆に心が痛みます。戦場で戦い犠牲になったのは男性だけではないこと、国内最大の地上戦の場となった当時の沖縄の悲劇を後世に伝え続ける一作と言えるでしょう。

■「清作の妻」(1965)

【作品概要】
増村保造監督が若尾文子を主演に迎え、日露戦争下の農村を舞台に描いた異色の恋愛ドラマ。1924年に村田実監督も映画化した吉田絃二郎の同名小説を原作に、新藤兼人が脚色を手がけた。

あらすじ
病気の父を抱える一家の生計を支えるため、隠居老人の妾となったお兼。やがて老人は他界し、遺産を手にしたお兼は故郷の村へ戻るが、事情を知る村人たちは彼女に冷たく当たる。そんな中、お兼は村一番の模範青年である清作と恋に落ち、周囲の反対を押し切って結婚。しかし日露戦争が勃発すると清作のもとにも召集令状が届き、愛する夫を失いたくないお兼はある行動に出る。

【見どころ】
貧困のために町の金持ちに囲われ、その後故郷に戻れば "村八分"になるお兼。毎朝鐘を鳴らし、村人の行動を律する真面目な清作に対しても、最初は「私はあんたの号令で生きてるわけではない、模範青年面するんじゃないよ」と言い放つ芯の強い面を持ち、その後清作と恋に落ち、結婚後は純粋で強い愛情を夫に注ぐお兼を好演する若尾文子さんの圧倒的な存在感、お兼という同調圧力に揺るがないひとりの女性と対比して描く、日本の軍国主義時代とムラ社会批判が見どころ。

夫の戦死を阻止するために、狂気ともいえる行動に出たお兼、小さな共同体の中で世間体と名誉だけで生きてきた清作のその後の変化と夫婦愛に胸打たれる一作です。今の時代に本作がリメイクされることがあれば、タイトルは「清作の妻」ではなくきっと「お兼」になるはず。

■「八甲田山」(1977)

【作品概要】
日露戦争に備えての寒地教育訓練である"雪中行軍"の演習中に遭難し、210名中199名が死亡した八甲田雪中行軍遭難事件を題材にした新田次郎氏による「八甲田山死の彷徨」が原作。大部隊で自然を克服しようとする部隊と小数精鋭部隊で自然にさからわず、折り合いをつけようとする部隊の様子を冬の八甲田山を舞台に描く。脚本は橋本忍、監督は「日本沈没」の森谷司郎、撮影は木村大作がそれぞれ担当。

あらすじ
日露戦争開戦を目前にした明治34年末。第四旅団指令部での会議で、露軍と戦うためには、寒地訓練が必要であると決定し、青森第五連隊の神田と弘前第三十一連隊の徳島、2人の大尉が八甲田山ですれ違う雪中行軍を決行することに。徳島隊は、わずか27名の編成部隊で弘前を出発。行軍計画は、徳島の意見が全面的に採用され隊員はみな雪に慣れている者が選ばれた。神田大尉も小数精鋭部隊の編成を申し出たが、大隊長山田少佐に拒否され210名という大部隊で青森を出発。神田の用意した案内人を山田が断り、随行のはずの山田に隊の実権は移っていた。神田の部隊は、低気圧に襲われ、白い闇の中に方向を失い、狂死する者も出現。一方徳島の部隊は、地元の案内人を先頭に風のリズムに合わせ、八甲田山に向って快調に進むが……。

【見どころ】
実際の戦争が始まる前の無謀な訓練で、199人が死亡する……という、やりきれない事故を描きます。上に立つ者の判断ミス、地元の天候を良く知る案内人の忠告を聞き入れず、軍国主義的な精神論だけで突き進み、それに従った結果の大悲劇。自然の威力を甘く見て、戦地でもない場所で命を落とした方々はどんなに無念だったでしょうか。

次々と死人が出る雪山の中で「俺は自分の思い通りに歩く」と自ら考え、単独行動を選んだ青森第五連隊の村山伍長(緒形拳さん)ただ一人が最初の目的地の温泉に到着し、その後身体の一部を失うも生還します。極限状態での組織と人間のあり方を問いかける本作は、軍事国家となった日本が、その後の大戦へと突き進んでいく過ちの過程までも観る者に考えさせる日本映画史に残る傑作です。高倉健さん、北大路欣也さんら名優陣、過酷な撮影を敢行したスタッフの方々に格別の敬意を表することしかできません。

■「きけ、わだつみの声(1995)」

【作品概要】
学徒出陣した若者の遺稿手記集として戦後最大のロングセラーとなっている「きけ わだつみのこえ」を基に、第2次世界大戦中に青春を送った若者たちの生と死、友情を、「俺たちの荒野」「玄海つれづれ節」で知られる出目昌伸監督のメガホンで描く。1950年にも関川秀雄監督が映画化しており、95年版は2度目の映画化。主演の織田裕二をはじめ鶴田真由、風間トオル、仲村トオル、緒形直人、的場浩司らが出演している。

あらすじ
1995年、真夏のラグビー場で仲間たちとスクラムを組んでいた鶴谷勇介は、相手にタックルした瞬間に意識を失う。気づくと周囲の景色は一変しており、初めて見る3人の若者に囲まれていた。そこは1943年10月21日、神宮外苑「学徒出陣」大壮行会の真っただ中だった……。

【見どころ】
手記で確認することの出来る、当時の若者たちの痛切な思いを集約してはいますが、必ずしも原作に忠実に映画化されているわけではありません。"いま"を生きる若者が、戦況が悪化するばかりの日本に否応なしに放り込まれたら、どのような思いを抱き、衝撃を受けるのか……という設定が加わっています。追い詰められた人間の狂気に触れるにつけ、戦争のむごさに心が痛くなる構成になっています。

■「男たちの大和 YAMATO」(2005)

【作品概要】
東映と角川春樹が、戦後60年記念作として世界最強最大と謳われた「戦艦大和」の乗組員たちが見舞われた悲劇を壮大なスケールで描いた超大作2005年12月に封切られると興行収入50億円を超える大ヒットを記録した。監督・脚本は「新幹線大爆破」の佐藤純彌。反町隆史中村獅童渡哲也、鈴木京香、仲代達矢ら豪華キャストが共演している。

あらすじ
2005年4月6日鹿児島県枕崎の漁港で、老漁師の神尾はある女性に「北緯30度43分、東経128度4分」まで船を出してほしいと懇願される。その場所は、かつて神尾が新兵として乗り込んでいた戦艦大和が、60年前の昭和20年4月7日に沈んだ場所だった……。当時、神尾ら特別年少兵たちは大和を日本の希望の象徴とし、乗組員としての誇りを胸に艦内での厳しい訓練に耐え抜いていた。しかし、初の実戦となったレイテ沖海戦連合艦隊は惨敗。戦況は悪化の一途をたどるなか、3300人におよぶ男たちは大和と共に"大切なもの"を守るために戦地へと向かう。

【見どころ】
今作の肝となって来るのは、主役として出演した反町隆史に与えられた役割が、機敏に動くキレッキレの兵士ではないという点に尽きます。役どころは、調理担当の兵士。これは、司令官目線で描くのではなく、「鑑底から見た大和を描きたい」という製作サイドの思いが結実したと言い切ることが出来るでしょう。戦争に人生を左右された若者たちの生き様はもちろん、彼らが澱みのない純粋な気持ちで一体何を守るために死んでいったのか、現代を生きる若い世代に知って欲しいと感じる作品です。

■「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」(2011)

【作品概要】
太平洋戦争末期のサイパン島で、たった47人の兵を率いて4万5000人ものアメリカ軍に立ち向かい、アメリカ兵から"フォックス"と呼ばれて恐れられた陸軍大尉の大場栄。その史実を題材にしたドン・ジョーンズの実録小説「タッポーチョ『敵ながら天晴』大場隊の勇戦512日」を原作に、絶望的な状況のなか最後まで生き抜いた日本兵たちの真実の物語を、竹野内豊主演、平山秀幸監督で映画化した戦争ドラマ

あらすじ
日米開戦70年を記念して製作された今作の舞台は、激戦が繰り広げられたサイパン島。マリアナ沖海戦で惨敗を喫した日本軍は、サイパン島を放棄し、作戦中止を命令。しかし、サイパンで戦う日本兵にその事実は届かず、終わりの見えない戦闘を続けていた大場栄大尉をはじめとする47人。16カ月間にわたり立ち向かい、多くの民間人を守ってきた大場たちの誇り高き魂は、やがて米兵の心も動かしていく。

【見どころ】
日米両軍の視点で撮影されているため、米軍=絶対的な敵という描かれ方はしていません。今作で皆さんに知っていただきたいのは、当時の日本兵にあって「自決するより生きて戦うことを選べ!」という信念を大場隊が貫き通したということ。そして、終戦後の12月に戦没者を弔うべく、軍歌を歌いながら投降したという史実についてです。この真実を知っている日本人は、驚くほど少ないんです。そして、主演の竹野内さんが最も大切にしたシーンが、クライマックスに用意されています。投降後、米軍のジープに乗りながら敵だった相手に対して何を語ったのかを、ぜひ確認してみてください。

■「永遠の0」(2013)

【作品概要】
百田尚樹ベストセラー小説を岡田准一主演、「ALWAYS 三丁目の夕日シリーズを手がけてきた山崎貴監督のメガホンで映画化。岡田が主人公の宮部久蔵に扮したほか、孫の健太郎を三浦春馬さん、久蔵の妻・松乃を井上真央が演じた。興行収入87億6000万円の大ヒットとなり、第38回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞ほか8部門を受賞した。

あらすじ
司法試験に落ち続け、人生の目標を失いかけた青年・佐伯健太郎と、フリーライターの姉・慶子は、実の祖父だと思っていた賢一郎とは血のつながりがなく、本当の祖父は太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵という人物であることを知る。久蔵について調べ始めた2人は、祖父が凄腕のパイロットであり、生きることに強く執着した人物であったことを知る。そんな祖父がなぜ特攻に志願したのか。元戦友たちの証言から祖父の実像が明らかになっていき、やがて戦後60年にわたり封印されてきた驚きの事実にたどり着く。

【見どころ】
特筆すべきは、幅広い客層の人々、特に若年層を劇場に向かわせたという点に尽きるのではないでしょうか。生きて帰ることを声高らかに叫べなかった時代、久蔵の心の移ろいは観る者の心を揺さぶります。また、現代パートで祖父の事を調べる孫の健太郎の姿は、いつかの私であり、あなたであると解釈することも出来るでしょう。まだ何者でもない健太郎を自らに置き換えて鑑賞すると、また別の視界が広がってくるのではないでしょうか。

■「野火」(2015)

【作品概要】
1959年に市川崑によって映画化された大岡昇平氏の同名小説を塚本晋也の監督、脚本、製作、主演で再び映画化。日本軍の敗北が濃厚になった第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島を舞台に、ひとりの日本兵の視点で極限状態に追い込まれた人間たちの姿が描かれる。リリー・フランキー、中村達也、森優作らが共演している。

あらすじ
日本軍の田村一等兵は結核を患って部隊から追い出され、野戦病院に行くことを命じられるが、野戦病院でも入院を拒絶される。そこで出会った負傷兵の安田に声をかけられ病院前で一緒に過ごすが、病院が空爆で燃やされ再びひとりになってしまう。田村は暑さと空腹に耐えながらレイテ島をさまよい、次第に狂気の世界に足を踏みいれていく。

【見どころ】
戦争の凄まじさと残酷さ、極限状況におかれた人間の怖さの一端が体感でき、一人称の日本版「プライベート・ライアン」として広く見ていただきたい1作です。目を背けてしまうようなショッキングな場面が多々ありますが、「今この痛みを伝えなければという危機感」で本作をつくったという塚本晋也監督は、「現実の方が遥かに残酷ですから、それを伝える為にはこれでも描きたりないとすら思っています」とパンフレットインタビューで語っていました。2015年の公開以来、毎年夏に映画館で上映され続けています。

■「8時15分 ヒロシマ 父から娘へ」(2021)

【作品概要】
広島に投下された原子爆弾を至近距離で被爆した父の凄絶な体験をつづった美甘章子のノンフィクション「8時15分 ヒロシマで生きぬいて許す心」を映画化。著者自らエグゼクティブプロデューサーを務め、地獄のような状況にあっても生きることを諦めなかった父の思いと、父から娘へ受け継がれた平和へのメッセージを描く。

あらすじ
1945年8月6日、広島。父とともに建物疎開の準備をしていた19歳の美甘進示は、自宅の屋根に上り瓦を剥がしていた。その時、激しい光が進示を襲い、一瞬にして暗闇の中へと突き落とす。世界で初めて投下された原子爆弾は広島中を焼き尽くし、7万人以上もの命を奪った。焼けただれた体を引きずりながら助けを求めてさまよう進示は、激痛から解放されたい一心で死さえ願うが、父の力強い言葉に支えられ、懸命に前へ進むのだった。それから40年後、進示の平和への願いが形となってニューヨークの国連本部に届く。しかしその数年後、ニューヨークを訪れた進示の娘・章子は驚くべき事実を知る。

【見どころ】
この映画の主人公でもある美甘(みかも)進示さんは、壮絶な体験をしながらも、「何かを失う時は、何かを得る時」という言葉、"許す"ことの大切さを娘の章子さんに説き続け、そして、かつて敵国だった米国に住むようになった章子さんが、米国人監督やスタッフとこの映画を作り上げたという逸話に心打たれます。本編での原爆投下後の再現場面では目を覆いたくなるような激しいやけどのシーンがあります。

本作プロデューサーでもある章子さんは、父の経験、これこそ"リアル"に表現しなければならないことだと、ハリウッドで活躍するアーティストに依頼し、特殊メイクで焼けただれた肉体を再現。その映像から、私たちは77年前のあの日に何が起こったのかを理解し、実際にこのような経験をされた方たちが何万人もいた、という事実を忘れてはならないと反芻することになるでしょう。

■「火垂るの墓(1988)」

【作品概要】
終戦間近の神戸を舞台に戦災孤児の兄妹がたどる悲劇的な運命を描いた名作アニメーション。原作は、野坂昭如氏が自身の戦争体験を題材にした同名短編小説(「アメリカひじき」とともに第58回直木賞を受賞)。スタジオジブリ高畑勲監督が映画化した。

あらすじ
昭和20年、夏。父が出征中のため母と3人で暮らす14歳の清太と4歳の節子の兄妹は、空襲によって家を焼け出され、母も亡くしてしまう。2人は遠縁の親戚の家に身を寄せるが、次第に邪魔者扱いされるようになり、ついに耐えきれなくなった清太は節子を連れて家を飛び出す。防空壕に住み着いた彼らは、2人きりの貧しくも楽しい生活を送り始めるが……。

【見どころ】
スタジオジブリ作品は"見え方の変化"がひとつの魅力だと思っています。子どもの頃にわからなかったことが、大人になってからわかる。もちろん、その逆も然りです。子どもだったからこそ……という視点もあります。清太がとった判断や行動、周囲の人々の反応……昔と今ではとらえ方がかなり異なっていました。お子さんがいらっしゃる方は、ぜひ一緒に鑑賞してみてください。もしかしたら、そんな風に"見え方"の違いが生じるかもしれません。そして、それぞれの"見え方"について話し合うことは、非常に有意義なことだと思います。その対話が、お子さんが「戦争」を考える最初の一歩となるはずです。

■「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」(2019)

【作品概要】
こうの史代氏の同名漫画を片渕須直監督がアニメーション映画化した「この世界の片隅に」に、約30分の新規シーンを追加した長尺版。主人公のすずを取り巻く人々の「さらにいくつもの人生」がより深く描かれ、物語は新たな表情をみせる。すず役ののん、リン役の岩井七世らキャストが続投。

あらすじ
昭和19年、広島・呉の家に嫁いだすずは、夫とその家族に囲まれて新しい生活をはじめる。戦況の悪化にともなって生活は困窮していくが、すずは工夫を重ねて日々の暮らしを紡いでいた。そんなある日、迷いこんだ遊郭でリンという女性と出会ったすずは、呉で初めて会った同世代の女性であるリンと心を通わせるが、ある事実に気づいてしまう。

【見どころ】
ロングランヒットした劇場アニメこの世界の片隅に」を見た方は多いはずですが、その長尺版である同作を見ている方は意外と少ないように思います。戦時中を生きた市井の人々の生活が丹念に描かれた内容はそのままに、制作上の都合でカットされた遊郭の女性リンのエピソードを復活させたことで、主人公すずの見方をふくめ新しい物語が浮かびあがります。「この世界の片隅に」とは別の映画と言いたくなるぐらいの変化が感じられますので、見返す機会があったら一度「さらにいくつもの」のほうを見ていただきたいです。

■「ジョニーは戦場へ行った」(1973)

【作品概要】
原作は、戦場で両手、両足、耳、眼、口を失い、第1次世界大戦が終わってから15年近く生き続けたイギリス将校が実在したという事実をヒントにした小説「ジョニーは銃をとった」(1939年発表)。原作者のダルトン・トランボが自ら脚本・監督して映画化。第24回カンヌ国際映画祭では、審査員特別グランプリ、国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞に輝いている。

あらすじ
第1次大戦にアメリカが参戦。中西部コロラド州の青年ジョー・ボナムは、ヨーロッパの戦場へと出征していった。時は流れ「姓名不詳重傷兵第407号」として、前線の手術室に横たわっているジョー。延髄と性器だけが助かり、心臓は動いていた。軍医長テイラリーは「もう死者と同じように何も感じない、意識もない男を生かしておくのは、彼から我々が学ぶためだ」と説明する。こうして「407号」と呼ばれるようになったジョーは、陸軍病院に運ばれた……。

【見どころ】
いわゆる"トラウマ映画"として挙げられることもありますが、ひとりの男の不自由な肉体、記憶、彼を取り巻く人々の反応によって、痛烈な反戦メッセージを投げかけてくる作品です。視覚、聴覚、嗅覚、言葉を奪われたジョー。誰にも届かない"独白"を、私たちだけは耳にすることができます。在りし日の姿との対比も含め、あまりにも痛ましい光景ですが、目を背けてはいけません。「戦場へ行く」とは、どういうことなのか。ひとつの答えが示されています。ちなみに脚本・監督のダルトン・トランボは、名作「ローマの休日」を生み出した人物。伝記映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」も製作されているので、興味がある方は鑑賞してみてください。

■「地獄の黙示録」(1979)

【作品概要】
ジョゼフ・コンラッドの小説「闇の奥」を原作に、フランシスフォード・コッポラ監督が舞台をベトナム戦争下のジャングルに移して戦争の狂気を描き、第32回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した戦争映画の傑作。マーロン・ブランドをはじめ、マーティンシーンロバートデュバル、デニス・ホッパー、ローレンスフィッシュバーンハリソン・フォードらが共演。未公開シーンを追加した「特別完全版」(2001)、コッポラ監督自身が望むかたちに再編集した「ファインル・カット」(2019)も発表されている。

あらすじ
ベトナム戦争が激化する1960年代末。アメリカ陸軍のウィラード大尉(マーティンシーン)は、軍上層部から特殊な任務を与えられる。カンボジア奥地のジャングルで勝手に自らの王国を築いているという、カーツ大佐を暗殺するというもの。ウィラードは部下を連れてヌン川をさかのぼり、カンボジアの奥地へと踏み込んでいくが、その過程で戦争がもたらす狂気と異様な光景を目の当たりにする。

【見どころ】
膨大な製作費や過酷な撮影環境、CGなしの壮大なスケールの映像など、数々の伝説を残した作品で、その撮影現場が"戦場"だったとも言われています。中でもワーグナーの「ワルキューレの騎行」を轟かせながら、米軍のヘリ部隊がゲリラの拠点である村に奇襲を掛けるシーンは特に圧巻で、映画史に残る名シーンとなっており、戦争と映画撮影の境界線がわからなくなってきます。そして、戦争がもたらす狂気は、ウィラードたちが川をさかのぼっていくごとに増していき、異様な光景はカーツ大佐の王国で頂点に達するのです。戦場において狂気とは何なのか。その恐ろしさが見終わった後にトラウマのように残る傑作です。

■「プラトーン」(1987)

【作品概要】
オリバー・ストーン監督が自身の従軍体験を基にベトナム戦争の実態をリアルに描き、第59回アカデミー賞で作品賞・監督賞など4部門に輝いた戦争ドラマの傑作。主人公の青年をチャーリーシーンが演じ、トム・ベレンジャー、ウィレム・デフォーらが共演、彼らの出世作となった。

あらすじ
1967年アメリカ人の青年クリス(チャーリーシーン)は、徴兵される若者たちの多くがマイノリティや貧困層であることに憤りを感じ、大学を中退して自らベトナム行きを志願する。しかし、最前線の小隊"プラトーン"に配属された彼を待ち受けていたのは、想像をはるかに超える悲惨な現実だった。

【見どころ】
インテリ青年の甘い志は、常に死と隣り合わせの戦場の最前線で弾け飛びます。爆音やヘリコプターの音、機関銃音などとともにスクリーンから戦場の緊迫感が伝わってきて、まるで私たちもその最前線に一緒にいるかのような錯覚に陥ります。爆弾によって吹き飛んだ手足、被弾して噴き出す血、目の前で兵士たちが倒れていくリアルな戦闘描写に圧倒され、目を背けたくなることでしょう。さらにそんな戦場でも、出自の異なる兵士たちからなる小隊内で対立があり、社会の縮図が描かれるのです。冷酷非情な隊長バーンズ(トム・ベレンジャー)と、無益な殺人を嫌う班長エリアス(ウィレム・デフォー)との間でクリスは成長し、戦争の狂気と愚かさとともに、この世で生きる無常のようなものを悟るのです。

■「プライベート・ライアン」(1998)

【作品概要】
スティーブン・スピルバーグ監督が、第2次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦を題材に、極限状態に置かれた兵士たちの絆と生きざまを、トム・ハンクス主演で描いた戦争ドラマ。凄惨な戦場を徹底したリアリズムで描き、1999年・第71回アカデミー賞で監督賞、撮影賞など5部門を受賞した。

あらすじ
1944年、連合軍はフランスノルマンディー海岸に上陸するが、多くの兵士たちが命を落とした。激戦を生き延びたミラー大尉は、最前線で行方不明になった落下傘兵ジェームズライアン二等兵の救出を命じられる。ライアン家は4人の息子のうち3人が相次いで戦死しており、軍上層部は末っ子のジェームズだけでも故郷の母親の元へ帰還させようと考えたのだ。ミラー大尉と彼が選んだ7人の兵士たちは、1人を救うために8人の命が危険にさらされることに疑問を抱きながらも戦場へと向かうが……。

【見どころ】
映画の冒頭から目を覆いたくなるような戦争の現実をまざまざと突きつけられる本作。戦争では多くの命がただただ無残にも消えていくというのが、リアル戦闘シーンで表現され、たった一人を本土で待つ家族のために返すために無謀な作戦へと命を投げ出さなければならない兵士たち。彼らにも帰りを待つ家族がいる中で、命の重さや価値に違いはあるのか、戦争はただ何重にも連なる悲劇を生み出しているだけなのではないか、ということを素晴らしいキャストたちの目を通して教えてくれる作品です。

■「ライフ・イズ・ビューティフル」(1999)

【作品概要】
第71回アカデミー賞で主演男優賞、外国語映画賞、作曲賞、第51回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した感動作。イタリアの俳優ロベルト・ベニーニが監督・脚本・主演を務め、強制収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を守るため意外な行動に出る姿を描いている。

あらすじ
1937年トスカーナ地方の小さな町へやって来たユダヤイタリア人の陽気な男性グイドは、美しい小学校教師ドーラと運命的な出会いを果たす。いつも陽気で機転のきくグイドにドーラも心を奪われ、やがて2人は結婚。息子ジョズエも生まれ家族は幸せな日々を送るが、彼らが暮らす町にもユダヤ人迫害の魔の手が迫り、3人は強制収容所に連行されてしまう。グイドは幼いジョズエに悲惨な現実を悟られないよう、ひたすら陽気に振る舞いながら嘘をつき続けるが……。

【見どころ】
明日にも命が奪われるかもしれない強制収容所で、幼い息子に悲惨な現実を悟られないよう笑顔を振りまき、嘘をつき続ける父親の懸命な姿が胸に迫ります。また、なんの罪もない人々が幸せを、そして命を奪われる理不尽さに、「二度と戦争を起こしてはいけない」という思いを強くします。自分の子どもが大きくなった時に、ぜひ観てほしい1本です。

■「蝶の舌」(2001)

【作品概要】
国を引き裂いた残酷な争いが繰り広げられたスペイン内戦直前の時代を背景に少年と老教師の交流を描き、1999年スペイン版のアカデミー賞「ゴヤ賞」で脚色賞を受賞したヒューマンドラマスペイン国民文学賞最優秀賞などに輝いたマヌエル・リバスの原作を元に、スペインの名匠ホセ・ルイス・クエルダが映画化した。

あらすじ
喘息持ちのため皆と一緒に一年生になれなかった8歳の少年モンチョだが、担任のグレゴリオ先生のおかげで学校にも慣れてきた。先生は生徒たちを森へ連れ出し、大自然の世界へ導いていく。先生の話はモンチョをすっかり魅了した。しかしそんな楽しい日々も、スペイン内戦の訪れと共に一変する。広場に集まった群衆の前に、ファシズムに反対する共和派の人々が、両手を縛られて一人ずつ姿を現わす。罵声が飛び交う中、共和派だったグレゴリオ先生も現われた。モンチョは母のローサに、皆と同じように先生に罵声を浴びせるよう命じられるのだが……。

【見どころ】
主人公のモンチョが出会う先生のあたたかい人柄、立派な見識に、映画を観た人はきっと魅了されるでしょう。しかし、その素晴らしい先生も、思想が違うからという理由だけで、ファシストによって強制収容所に連行されてしまうのです。劇中、先生が少年に説く「あの世に地獄はない。地獄は人間が作るものだ」という言葉の重みを感じます。また、物語の終盤、突然、大好きな先生と何も分からないまま別れざるを得なくなってしまった少年が、さよならの代わりにとある言葉を叫ぶシーンは、涙を禁じえません。

■「サハラに舞う羽根」(2003)

【作品概要】
これまで6度も映像化された英国文学の古典を原作に、「エリザベス」で歴史ドラマの新時代を切り開いたシェカール・カプールが監督したスペクタクル・ロマンヒース・レジャーケイトハドソン、ウェス・ベントリーらが出演。

あらすじ
1884年、大英帝国スエズ運河を使い更なる覇権を得るためにエジプトへと侵攻を進めていた。将軍の息子で、エリート士官としての未来が約束されたハリーは、美しい婚約者エスネや仲間たちと幸せな生活を送っていた矢先、戦闘が激化しているスーダンへの派遣を言い渡される。愛する者を置いていき、国のために戦地へ赴くことに疑問を持ったハリーは除隊を決める。しかしかつての仲間から臆病者のシンボルである白い羽根を渡され、さらには婚約者のエスネからも白い羽根を送られ、すべてを失う。ハリーは改めて仲間たちのことを考え、戦地へと向かうことを決意する。送られた羽根を返すために。

【見どころ】
目の前の幸せを犠牲にしてまで、遠方へ戦争に行く意味とは?と自問自答し、行かないという決断をした主人公。しかし彼を待ち受けていたのは、その目の前の幸せすら奪う現実、という戦争が悲劇しか生み出さないことをまじまじと感じさせてくれます。また、皆が戦争に行くことが当然という時代において、自らの決断で除隊をするハリーは、果たして本当に臆病者なのか、いま改めて考えてほしいテーマが語られています。

■「サウルの息子」(2016)

【作品概要】
アウシュビッツ解放70周年を記念して製作されたハンガリー映画。強制収容所で死体処理に従事するユダヤ人男性が、息子とおぼしき遺体を見つけ、ユダヤ教の教義に基づき葬ろうとする姿や、大量殺戮が行われていた収容所の実態を描いている。第68回カンヌ国際映画祭グランプリ、第88回アカデミー賞外国語映画賞を受賞。

あらすじ
1944年10月、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所。ナチスにより、同胞であるユダヤ人の死体処理を行う特殊部隊ゾンダコマンドに選抜されたハンガリーユダヤ人サウル。ある日、ガス室で生き残った息子と思しき少年を発見したものの、少年はすぐにナチスによって処刑されてしまう。サウルは少年の遺体をなんとかして手厚く葬ろうとする。

【見どころ】
初見の際は座席から立てず、しばらく呆然としていた記憶があります。それほど圧倒された1本。観客の目となるハンデカメラは、主人公サウルの姿に焦点を当てていきます。かなり執拗に。しかもスタンダードサイズで。むしろ"サウルしかとらえていない"と言えるほどです。やがて、彼が見ている光景、ぼやけて映し出される周囲の状況、姿の見えない叫び声の主に対して、恐ろしい想像が働いてしまうはず。まるでホロコーストの惨状を"体感"しているかのようです。この土台があったうえで描かれる「人間としての尊厳」という題材……これが深く、本当に深く、心に突き刺さります。

■「ONODA 一万夜を越えて」(2021)

【作品概要】
太平洋戦争終結後も任務解除の命令を受けられず、フィリピン・ルバング島で孤独な日々を過ごし、約30年後の1974年に51歳で日本に帰還した小野田寛郎旧陸軍少尉の物語を、フランスの新鋭アルチュール・アラリ監督が映画化。2021年・第74回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門出品。

あらすじ
終戦間近の1944年、陸軍中野学校二俣分校で秘密戦の特殊訓練を受けていた小野田寛郎は、劣勢のフィリピン・ルバング島で援軍部隊が戻るまでゲリラ戦を指揮するよう命じられる。出発前、教官からは「君たちには、死ぬ権利はない」と言い渡され、玉砕の許されない小野田たちは、何が起きても必ず生き延びなくてはならなかった。ルバング島の過酷なジャングルの中で食糧も不足し、仲間たちは飢えや病気で次々と倒れていく。それでも小野田は、いつか必ず救援がくると信じて仲間を鼓舞し続ける。

【見どころ】
終戦を信じず、上官からの"命令を受けていない"という理由で、約30年もジャングルに潜伏し続ける小野田少尉の青年期を遠藤雄弥さん、成年期を津田寛治さんというふたりが熱演します。仲間が次々にいなくなり、たった一人になっても日本兵として戦い、サバイバルする小野田。偶然手に入れたラジオから流れるニュースで終戦を知っていたようにも思えますが、突然訪ねてきた戦後生まれの若者との出会いまで、真実をかたくなに受け入れようとしないその姿は、現代で言えば陰謀論カルト宗教を盲信する人間と重なるようにも見えます。フランス人監督以下、外国人スタッフが手掛けた作品であるため、当時の日本軍を美化せず、また一方的な悪としても描かず、小野田少尉という一人の人間を通して、戦争が人々にもたらす傷とその愚かさを淡々と表現するその手腕が見事です。

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」 (C)2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会