ステーキってムショーに食べたくなることありますよね。ビーフステーキも良いものですが、チキンステーキポークステーキも絶品です。

定番のビーフステーキと比べると、ポークステーキジューシーソースをたっぷりとかけたほうが、ライスにもバッチリ合って美味な気がします。

豚肉の重量は約1キロあるらしい

おそらく日本一巨大なデカ盛りポークステーキが食べられる食堂『安国屋』(栃木県日光市手岡627-1)。

ここのポークステーキ、激ウマなのに激安、なにより衝撃的なデカ盛り。個体差はあると考えられますが、豚肉の重量は約1キロあるといわれています。

ポークステーキは脂身より赤身が多い

価格はポークステーキ定食が2300円で、単品は2100円。「ポークステーキの重量があるのでライス味噌汁もいらない」と思う人いるかもしれませんが、定食のオーダーを強くオススメします。『安国屋』のポークステーキソースライスとの相性バツグン。

また、ポークステーキは脂身より赤身が多いので、味噌汁を飲みながら食べると、ポークステーキをおいしく流し込むことができます(喉や食道に詰まらせないように徹底的に噛みましょう)。

必ず予約した時間にお店に出向く必要アリ

このポークステーキ、仕上がるまで数時間かかります(ちなみにとんかつも極厚なので完成まで約30分を要します)。

なので、ポークステーキを事前に予約し、必ず予約した時間にお店に出向く必要があります。そうすることで、待ち時間がほとんどナシでポークステーキを食べることができます。

こんなのぜったいおかしいよ!

テーブルに座って待つこと数分、ポークステーキ定食がやってきました(同時にとんかつもオーダーしました)。

で、でかい、でかすぎる! ポークステーキには思えない。まるでオーストラリアエアーズロック。もしくはデカい岩。こんなのぜったいおかしいよ!

箸を駆使してガツガツ食べます

でも、オーダーしちゃったからには、もう、ネ……。ということでナイフフォーク、箸を駆使してガツガツ食べます。ナイフで小さく切ってフォークで食べる。それを繰り返す簡単なお仕事

ポークソテーの端に沿って脂身になっているので、脂身が苦手ならばナイフでそぎ落とすことも可能。

『安国屋』のポークステーキ定食最高!

そのお味は……。うんめえええええええええええ! 酸味が爽やかソースポークステーキを浸し、表面にしっかり浸透させて食べる。これ定食にして正解。ライス必須です! 豚肉の質はやや固めながらも、噛み切れないほどではなく、心地よい食感で食べ進められます。

ソースが良質だからなのか、飽きない。ソースに浸してシナシナになったキャベツガッツリ食べても美味。『安国屋』のポークステーキ定食最高!

絶対にドタキャンしないように

ちなみに、ポークステーキは前日までに電話予約が必要です。1日5食限定らしいので、どうしても食べたい人は、早めに予約することをオススメします。

ドタキャンされるとお店に大変な損害が発生するので、予約した場合、絶対にドタキャンしないようにしましょう。

店名: 安国屋
住所: 栃木県日光市手岡627-1
電話: 0288-27-0620

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

ステーキが巨大すぎてマジでヤバかった件