「常にインフルエンサーの成功を見せつけられている」10代女子の精神的不調が激増中…世界的精神科医が指摘する“SNSの問題点” から続く

 私たちの4人に1人は、うつや強い不安といった精神的な不調を経験すると言われている。これほど快適に暮らせるようになった現代社会において、なぜ多くの人が精神的な問題を抱えているのだろうか?

 ここでは、自著『スマホ脳』が世界的なベストセラーとなった、精神科医のアンデシュ・ハンセン氏の最新作『ストレス脳』(久山葉子 訳、新潮新書)から一部を抜粋。世界幸福度ランキングの上位にランクインしているスウェーデン出身の著者が説く「幸せの定義」について紹介する。(全2回の2回目/1回目から続く

◆◆◆

多くの人が考える「幸せ」の定義

 なぜ脳は精神的に元気でいるようには進化せず、常に最悪の事態に備え(不安)、場合によっては自分を守るために引きこもらせる(うつ)ようにしたのか。本書の大半を割いてそれを考察してきた。それではここで視点を変えて、何が私たちを幸せにしてくれるのかを考えてみよう。その問いに興味をもつ研究者は増える一方だ(「ポジティブ精神医学」という研究分野で、現在急成長を遂げている)。

「幸せ(Happiness)」という単語でグーグル検索してみれば9億200万件がヒットする。「不安」のヒット数を超える数少ない言葉の1つなのに、その意味を定義するのは難しい。

 多くの人が「幸せ=精神的に元気」だと考えているだろう。常に楽しみ、満足を感じている状態だと捉えているわけだが、研究においては「人生の方向性に対する満足度」と定義される。つまり幸せというのは常に最高の気分でいることではなく、長期的に人生に意義を感じていられるかどうかなのだ。その定義に賛同できて、幸せになるために最大限の努力をしたいなら、一番重要なのは幸せを無視することだと私は思う。幸せなんて気にしていてはいけない。そのほうが幸せになる可能性が高まる。

 脳は何かが起きるのを待っているわけではなく、何が起きるのかを予測している。それからその予測と実際に起きたことを照らし合わせる。例えばあなたが今、自宅でバスルームに入るところだとしよう。入る前にはもう脳がバスルームの記憶を取り出し、自分の知覚が感じるはずのことを心積もりする。

 そして実際にバスルームに入った時には、自分の予測とバスルーム内で見えて聞こえて感じたことを照らし合わせる。あなたが受けた印象と脳の予測が一致していれば何も反応しないが、違っていたとしたら、あなたははっとするはずだ。

自分がどのくらい幸せかは、周りの人の状態次第?

 何が起きるかという脳の予測、それと実際に起きたことを延々と照らし合わせるのが私たちの人生なのだ。

 2021年の春、ある調査で高齢のイギリス人に身体の健康に関する質問をしたところ、「健康状態は良好だ」と答えた人の割合が前年よりも上がっていた。しかし、2020年パンデミックイヤーに高齢のイギリス人の健康状態が改善した要因はあまりないはずだ。国内で10万人もの人が新型コロナで亡くなったこの年、むしろ健康状態は悪化したと疑うべきまっとうな理由がある。医療が逼迫(ひっぱく)し、緊急の場合を除けば普段どおりには機能していなかったのだから。

 それなのに、なぜ健康状態が良くなったと感じたのだろうか。考えられるとしたら、毎日のように病気や苦難のニュースを聞かされるうちに、「良い健康状態」の基準が変わったことだ。集中治療室や遺体安置所が溢れ返っているというニュースが日々報道される中、腰痛や頭痛や膝の痛みといった症状を大した問題だとは思わなくなった。脳の予測、つまり脳が自分の経験と照らし合わせる対象が変化し、それによって自分の健康に対する見方も変わったのだ。

 つまり私たちは起きていることを客観的に分析しているわけではなく、自分の期待と経験を比較するよう、神経生物学的に厳密にプログラミングされているのだ。当然のことのように聞こえるかもしれないが、多くの人がそのことを忘れている。大学で経済を学んでいた頃、教授たちがいつも講義で言っていたのは「人間は合理的な生き物で、常に少ないよりも多いほうを好む」ということだった。

 私はその後、医者そして精神科医になり、それが間違っていることに気づいた。私たちは少ないより多いほうを好むわけではない。私たちは「隣の人より多い」のを好むのだ。つまり自分がどのくらい幸せかは、周りの人の状態による。あなたもきっと自分のアウディを自慢に思っていたはずだ──お隣さんが玄関前にテスラの新車を停めるまでは。

幸せの感情は消えていくもの

 あらゆる体験を自分の期待と照らし合わせるように進化したからこそ、幸せを追い求めるのはやめたほうがいいと思うのだ。幸せの感情は消えていくものだ。そうでなければ感情の最も重要な任務、つまり私たちに何かをしたくさせるという役割を果たせない。脳は身体の内外の情報に基づいて、常に私たちの感情の状態を変えていく。

 それがポジティブな感情のままとどまり、常に最高の気分でいられるなんて、脳の見地からするとキッチンの調理台の1本のバナナで一生満腹でいられるくらい非現実的なことなのだ。何しろ私たちはそのようにはできていない。なのにそれを忘れてしまいがちだ。

 2015年コカ・コーラが大々的な広告キャンペーンを行い、「コカ・コーラシェアしよう」という誘い文句が「ハッピーをあけよう」に刷新された。何十億という人々に向けられたそのキャッチコピーには、「幸せは自分で選ぶもの」というメッセージが込められている。それだけではなく、「私たちは幸せでいられる。そうでなくてはいけない」という暗示も含まれている。

 このように、現実にはありえない状態を商品に関連づけたのはコカ・コーラが初めてではない。「一生ずっと幸せに生きよう」(住宅保険)、「ここから幸せが始まる」(マスタード)、「分け合う幸せ」(食品)、「自分を幸せにしてあげよう」(レストラン)、「幸せの瞬間」(乳製品)と、広告のキャッチコピーはいくらでもあり、どれも次のような含蓄がある。幸せとは楽しい経験が真珠の首飾りのように連なったもので、自分で選ぶものである。あなたが幸せだと感じられないなら何かがおかしいはず。

非現実的な幸せのイメージによって私たちが不幸せになるリスク

 このようなキャッチコピー、本、セミナーそして9億200万件のグーグル検索ヒット数により、私たちは幸せになれるし、ならなければいけないと思ってしまう。毎日最高の気分でなければだめだという気がするのだ。それによって脳は私たちの主観的な経験を、事実上達成不可能な目標と照らし合わせてしまう。恒常的な幸福感など人間にとって自然な状態ではないというのに。

 美しく、ハッピーで、見た目には仲良さげな人々が南国の夕焼けバックにしている写真を次々と見せられると、自分の情動への期待が非現実的に高くなってしまい、その期待に添えないことに気づくと──そんなこと誰にも無理なのだが──落胆する。つまり広告が送りつけてくる非現実的な幸せのイメージによって私たちは不幸せになるリスクがある。そしてこれは単なる推測ではない。

 ある実験では、幸せを礼賛する記事を読んでからコメディ映画を観ると、被験者たちは鑑賞後、幸せには触れていない記事を読んだ人ほど楽しい気分になっていなかった。ここで考えられる可能性としては、幸せに関する記事がその人たちの期待値を高め、映画も素晴らしく面白いはずだという期待を生んでしまった。

 そして、そのとおりにならなければがっかりする。一方で元々期待していなければハードルは低く、体験したことは自分が思っていたとおりのレベルか、それより高く感じられる。そのため映画をポジティブに解釈できるのだ。

 興味深いことに、ある国で広告にお金をかければかけるほど、2年後に国民の満足度は下がっていた。広告が情動への期待を非現実的なまでに高めてしまったのだろう。その結果として私たちは落胆し不満を感じる。現実的なレベルに期待をもっていくような広告のキャッチコピーなら、私たちの幸福感にポジティブな効果をもたらしてくれる可能性もあるが、「たまには最悪な気分でもいいんだよ」と語りかけても、炭酸飲料水やマスタードや住宅保険が売れることはないだろう。

「幸せとは楽しい経験の積み重ねだ」と考えるのは、有害な誤解

 私たちが普段追い求めているものは頑張れば頑張っただけ手に入る可能性が上がるが、こと幸せについてはまったく逆のようだ。追い求めるほどに、指の間をすり抜けていってしまうリスクがある。幸せになりたいと思っている人に1つだけアドバイスをするとしたら、広告の虚無なメッセージには目をつぶることだ。記事や本も閉じて、幸せという単語の出てこないユーチューブ動画を観る時でも、あなた自身の「たわごと検知器」の精度を上げておこう。

 幸せになるために、幸せを無視する以外にできることはあるだろうか。ここではあくまで推測を書かせてもらう。というのも、私が上手くいっても他の人もそうだとは限らないし、どんなアドバイスであってもアドバイスというのは下り坂で背中を押すようなものだ。そのままふわふわした何か──検証不可能なきれいごとが溢れた溝に落ちてしまうかもしれないからだ。それでも1つ挙げるならば、「幸せとは楽しい経験の積み重ねだ」と考えるのが、現代社会で最も有害な誤解だと言っておきたい。

 祖先たちが幸せをどのように考えていたかは知る由もないが(スウェーデン語のLycka〔幸せ〕という単語は1300年代に登場し、元は「幸運」という意味だった)、狩猟採集民がアフリカサバンナで走り回りながら、果てしなく続く楽しい体験が人生の意義だと思っていたということはありえない。

最も建設的な幸せの定義とは?

 人類の歴史の大半では、現代のような幸せのイメージはあまりに馬鹿馬鹿しく、妄想することすらなかっただろう。今の私たちの幸せへの執着、そして幸せとは常に幸福を感じていることだという誤解。それはあくまでここ数世代だけの話だが、私たちのほとんどがそれ以外に体験したことがないのだから、どれだけ奇妙で非現実的なのかに気づきもしないのだ。

 私にとって幸せは、終わりのない享楽を追い求めることでも、不快と名のつくものを最小限まで減らすことでもない。かといって、快適さや物質的な要素には意味がないと言うと嘘になる。そう思うくらいには快適だし物質的にも恵まれている。そう、私にとっても皆にとっても、それらに意味がないわけではないのは確かだ。

 なお、私が聞いたことのある中で最も建設的な幸せの定義は、「ポジティブな体験」と「自分自身に対する深い洞察」の組み合わせだ。自分は何が得意で、それをどんなふうに自分そして他人のために使えるのかを理解すること。そうすることで自分の外側に広がっているものの一部になれるからだ。

 多くの人が「なるほどこれが幸せか」と感じるのは、ゴールに到達した時ではなく、自分の外側に広がっている何かに一歩一歩近づいている時だ。そこに──他に適当な言葉が見つからないので使うが──「幸せ」を見つけるのだ。

 つまり幸せとは独立したゴールではなく、あくまで状況の一部なのだ。幸せが生まれるのは人生で何が重要なのかを理解し、それに沿って行動した時だ。自分や他人のために意義を感じられるものの一部になった時に。私たちの大半がそうだというのは、驚くことでもない。私たちの生存は協力し合うことに懸かっていたのだから。

 自然から与えられた試練を生き延びた人たち──だからこそ私たちの祖先になれた人たちは「一緒に」生き延びてきた。地球上で最も優勢な動物になったのは一番強かったからでも、足が速かったからでも、賢かったからでもない。協力するのが一番得意だったからだ。だからこそ孤独に苦しむことにもなった。

 オーストリアの精神科医で心理学者でもあったヴィクトール・E・フランクルは、アウシュビッツを含む4つの強制収容所に収容されていた過去がある。いかに気力を振り絞って生き延びたのかという質問を受けた時、彼は哲学者ニーチェの言葉を引用した。「生きる意義を1つでももつ者は、いかに生きるかという問いのほとんどに耐えられる」。何がその「生きる意義」に値するかは人の数だけ答えがあるだろう。

 しかし1つ確かなことがある。常に楽しい体験をするというのは、その答えには入っていないということだ。だから幸せを追い求めてはいけない。幸せとは幸せについて考えることをやめ、意義を感じられることに没頭した時に生まれる副産物なのだ。

アンデシュ・ハンセン)

写真はイメージです ©iStock.com