ヒカキン・HIKAKIN

YouTuberHIKAKIN(ヒカキン)が14日、自身の公式ツイッターを更新。イベント開催中に起きた不審者乱入事件を謝罪するとともに、自身の無事を報告した。

【画像】ファンに謝罪するヒカキン


■不審者がヒカキンに接触

きょう14日に代々木競技場第一体育館で開催された『オールスター大運動会@ 代々木競技場』。第二部の上演中、ステージ不審者が侵入し、出演者のヒカキンに接触するハプニングがあった。

これを受け、ヒカキンが所属するUUUMは公式サイトで「本日開催のイベントで発生した事件について」と題した文書を掲載。事件発生後、侵入者を取り押さえ、警察へ引き渡したと説明。

「今後は、警察の捜査にお任せすることになりますが、内容についてご報告可能となりましたら、改めてお知らせいたします」と伝える。「なお、本件によりHIKAKIN、出演者、スタッフなどにもいまのところ怪我などは発生していない状況です」と明かした。


関連記事:ヒカキン、誕生日迎えた直後にトレンド入り 「ありがとうツイッター」

■謝罪&無事報告

そして、ヒカキン本人もツイッターで「【ご報告】イベント中にステージ不審者に接触されたのですが、わたくしヒカキン怪我など一切なく、無事でした」と報告、メンタル面に関しても問題ないという。

「ショッキングな映像が流れてしまい申し訳ありません」と謝罪ポーズを決めた1枚を掲載し、心配してくれたファンへの感謝の言葉も記した。

■「放送事故」の声も

ヒカキンの無事を知ったファンは安堵。コメント欄には「ご無事でなによりです」「安心したぜ」の声が。

また、イベント生配信されていたため、不審者乱入の瞬間を目撃した視聴者も多く「あれは放送事故でしたね」「ほんとに怖かった…不審者ほんとに許せんなぁ…」などの書き込みも集まっている。


■ファンに謝罪するヒカキン

・合わせて読みたい→ヒカキン、祖父・ジジキンさんの死去を報告 涙ながらに思い出を語る姿に反響

(文/Sirabee 編集部・RT

ヒカキン、イベント中に起きた不審者乱入事件を謝罪 「放送事故」との声も