先月30日、アメリカ在住の女性が外で遊んで帰ってきた愛犬の口が不自然に膨らんでいることに気付いた。「放しなさい!」と口にくわえている何かを出すように指示すると、愛犬の口からはなんとカメが出てきたのだ。しかも今回が2回目だったそうで、犬がカメをさらってきてしまう奇妙な行動には飼い主も「友達が欲しかったのかも」などと語っている。『Metro』などが伝えた。

話題の動画TikTokに投稿したのは、米ジョージア州在住のレイチェル・ラポスカさん(Rachel Laposka、19)だ。動画にはグレート・ピレニーズの愛犬“マイア(Mya、6)”が外で遊んだ後、玄関の前でレイチェルさんがドアを開けてくれるのを待っている姿が映っていた。

しかしレイチェルさんは、この時点でマイアの様子がおかしいことに気付く。レイチェルさんに「こっちを向いてごらん」と笑いながら声をかけられたマイアが振り向くと、頬が不自然に膨らんでいた。「家の中に入ったらカメを口から出すのよ」とレイチェルさんは動画の中で話しており、マイアの口の中にはカメがいると分かっていたのだ。

実はマイアがどこからかカメを連れてきてしまったのは、今回が2回目だった。ドアを開けてもらい家の中に入ったマイアはすぐに窓際に座り込みレイチェルさんは「カメを出しなさい」と何度も指示するがマイアは放したくないのか口からカメを出す気配を見せなかった。そしてレイチェルさんが「吐き出しなさい!」と強めに言うと、 “カタン”という音とともにタイル張りの床の上にカメが吐き出された。

レイチェルさんは「マイアは最近カメを拾うことができると分かったばかりで、今のところカメを連れてきたのは2回だけです。グレート・ピレニーズは、かつて牧場の牛の群れを守るために働いていた犬種だそうです。マイアは小さなカメを見て“守りたい”と思ったのかもしれませんし、ただ友達が欲しかっただけの可能性もありますね」とマイアの奇妙な行動の理由を推測している。

犬の口からカメが出てくるという予想外の動画は、今月14日の時点で再生回数が170万回を超えるほど反響を呼んだ。コメント欄には「犬だってペットが欲しいんだよ」「カミツキガメじゃなくてよかった」「友達が欲しかったんだね」と笑いの声が多数届いており、中には「うちの子も同じことをしたことがあるよ」「うちの子だけじゃなかった」など意外と似たような行動を取る犬が多いことも判明した。

なお少し前には米アイダホ州で、ボールを取りに湖に入った犬がアヒルの子をくわえて帰ってきてしまい、飼い主が衝撃を受ける動画も注目を集めていた。

画像は『ray 2022年7月30日TikTok「she did this last saturday too its like a routine」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト