自然は美しいものだが、人間にとっては同時に「恐ろしい」存在でもある。これらを言葉として認識していても、実体験に基づく「実感」として理解できている人は案外少ないのではないだろうか。

現在ツイッター上では、わずか2分足らずの動画に収められた「自然の脅威」が話題となっているのだ。

【話題のツイート】こんなに変わってしまうものなのか…?


画像をもっと見る

■これは本当に恐ろしい

注目を集めているのは、ツイッターユーザーのフィさんが投稿した一件のツイート

川の増水

「川の恐ろしさ」とだけ綴られた投稿には、山中で撮影したと思しき2分弱の動画が添えられているのだが、水の量が非常に少ない「川」というよりは控えめな「沢」もしくは「水たまり」といった表現が適切かと思われた。

川の増水

しかし動画再生から1分ほど経過すると事態が変化し、上流からの水が大量に流れ込み出し、それまで全く水気の感じられなかった大地に、流れの強い見事な「川」ができあがったのだ。


関連記事:埼玉で撮影された「夜空に広がる稲光」の瞬間 衝撃的な映像にネットは騒然…

■「川の恐ろしさ」を改めて認識

本文の通り「川の恐ろしさ」を見事に捉えた件のツイートは、投稿からわずか数日で2万件以上ものRTを記録するほど大きな話題に。

他のツイッターユーザーからは「あっという間の増水ですね…」「とても貴重な映像、川って怖いな」「これは怖すぎる…」「河原でキャンプBBQする人に、絶対見てほしい映像」といった反響の声が多数寄せられている。

増水前からカメラを構えていたということは、撮影者はこちらの現象をいち早く察知していたということである。一体どうやって…。

そこで今回は件のツイート投稿主・フィさんおよび、動画が撮影された栃木県塩谷郡塩谷町に詳しい話を聞いてみることに。すると、予想だにしなかった様々な事実が明らかになったのだった。

■鉄砲水を察した「サイン」に納得…

10日、栃木県某所にて件の状況に遭遇したというフィさん。

当時の様子について「川に釣りに出かけてたところ、無数に落ち葉などが流れてきて石と石がぶつかる音がし出したため『鉄砲水がくる』と判断し、安全なところに行き撮影しました」と振り返っている。

フィさんには水難事故で亡くなってしまった友人がいるため「これからの時期増える水難事故から、1人でも多くの人を救えたら」という思いを込め、今回の動画を投稿したという。


■山・川を訪れる際、絶対チェックすべきは…

また、現地には水の流れによって運ばれてきたと思しき「落ち葉」や「枝」が見られたため、フィさんは「増水したら危ない」という危機感を持って避難できたのだ。

川の増水

続いてはこちらの川(沢)の詳細について栃木県塩谷町役場 総務課に話を聞いたところ、今回のように急な増水が見られるのは非常に珍しいケースであることが判明。

担当者は「上流の方で雨が集中的に降り、その水が中流〜下流にまで流れてきてしまったのではないかと思います」とコメントを寄せており、フィさんが動画を撮影した10日とその前日の天気について尋ねたところ、役場付近では雨が降っていなかったそう。

川の増水

かしこれはあくまで「役場付近」の話であり、担当者は「(今回の動画が撮影された)山頂付近では雨が降っていたと聞いております」「行楽などで山を訪れる際は広範囲な天気予報でなく、『ウェザーニュース』の雨雲レーダーなどで局地的な天気を確認しておくことを推奨します」と、知見を語ってくれたのだ。

また今回の増水のケースについては「山の麓にはダムがあり水位を調節しているため、麓付近には大きな影響が出ていないと思われます」とも補足している。

キャンプバーベキューと、夏には楽しいアウトドアやレジャーが揃っているが、決して自然を「侮ってはいけない」ということを肝に銘じておきたい。

・合わせて読みたい→自転車の運転中に起きた悲劇… 空から降ってきた「まさかの物体」に衝撃走る

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

川釣りで訪れた山中、1分後の光景に目を疑う… 「怖すぎる」とネット上が震撼