image秒刊SUNDAY

発売からもうすぐ2年近く経つというのに、店頭で見かけることは一部の量販店を除いてほとんどないというプレイステーション5。販売抽選に落ち続け、定価の5割増で転売されているのを見て悔しい思いをしている方もいるのではないでしょうか。そんな中、あのGEOがアクロバティックな抽選販売への応募条件を打ち出しており、ひっそりと話題になっています。

GEOPS5抽選販売、応募条件とは……

特定のクレジットカードでの支払い限定、当選履歴がないといった応募条件はよくあることですが……なんとGEOでは意表をついた応募方法を……

PS4」の買い取りを条件とする

マジすか!これだと既にPS4を売ってしまっている方や、寝室にPS4を移動してリビングの大画面はPS5で遊ぶといったことも出来なくなってしまいます。そもそもPS4を持っていなければ応募も出来ないし、未だ品薄のPS4を安く買い叩かれる可能性もあるわけで。

GEOアプリのお知らせに届いた内容によると……

PlayStation5の抽選で不正な手段やIDが増加傾向
・一般のお客様が手に入れにくい状況が続いている
・現在PlayStation4を楽しんでいらっしゃるお客様にお届けすることが目的
・詳細にうついては8月19日以降に店頭、オンラインアプリで告知
・抽選販売時にPS4の買取価格の目安を告知する
8月24日9月11日までに入荷するPS5が対象
PS4をお持ちでない方のために、今後も通常の抽選も予定している

PS4PS5の互換性を考えれば大きな問題にはなりそうにないのですが、ディスクレスのデジタルエディションに関してはどのような扱いになるのか気になるところです。

GEOの店舗に確認してみると……

プレイステーション5の販売方法について、GEOの店舗に電話で確認させていただきました

image秒刊SUNDAY

既に店員さんも把握していましたが、特にGEOアプリのお知らせ以上の情報はなさそうで……

PS4の買い取りを前提にお申し込みいただきます
・好評ならば続くと思いますが、今回だけの可能性もあります
PS4の買取価格は未定ですが、申込時にはわかるようになる
・壊れているPS4に関してはどうするか調整中

「19日以降にお問い合せいただければ、もう少し詳しくお教え出来ると思います!」ということでした。お忙しいところお時間をいただきまして、本当にありがとうございます!

SNSの声は「少しやりすぎのような……」「かなり不快だよな」「くっそ迷惑」「選択肢から外れた」など、ほぼマイナス一辺倒。逆に考えると「PS4」を手放す予定の方には朗報なのかもしれません。8月19日以降にハッキリと内容がわかると思いますが、なにか不穏な空気が漂っている気がするのは筆者だけでしょうか。

これら一連の流れ全部、転売ヤーが面倒なことをさせているのが悪いんですけどね。ソニーが「初期対応を誤ったせいだ」という声も一部ではありましたし。とにかく欲しい人の手に無事渡りますように!

source株式会社GEOホールディングス



画像が見られない場合はこちら
GEO、PS5の抽選販売の条件があまりに斜め上過ぎ……店舗に確認してみた