8月7日デンマーク王室は公式Instagramで、クリスチャン王子とイザベラ王女の“進路変更”について異例の発表を行った。クリスチャン王子は超名門ハールスホルム校に通っており、イザベラ王女も同校に入学予定だった。しかし2人ともこの名門校と袂を分かち、王子は公立高校へ転入、王女は別の私立学校へ入学することが決まった。

 実は、ハールスホルム校で「いじめによる性的虐待と暴力行為」が起きたと政府の教育機関の調査で明らかになったのだ。デンマークの“学習院”とでもいうべき名門校で起きた醜聞――。現地メディアも盛んに報じている。一体、なにが起きたのか。

◆ ◆ ◆

ブランド校”に蔓延していた性暴力やいじめ

 同校は、1565年5月に開校したデンマーク最古の寄宿学校で、貴族の子女たちが通う学校として設立されたエリート校だ。数百年間男子校だったが1980年代に完全共学化。学校で寝食をともにする寮生もいれば、自宅から通学する生徒もいる。デンマークで唯一、制服の着用を義務化しているほか、生徒たちはデンマーク語ベースにした独自の単語を使用することで知られている。特別な言葉を使うことで、学校への帰属意識を高めるのだ。

 つまりデンマークにおいて、最高峰の“ブランド校”である。

 しかし、2022年5月5日に放映された同校の問題をとりあげたドキュメンタリーハールスホルム高校の秘密」で、何人もの元生徒が校内で起こったセクハラいじめ問題の実態について告発。放映前に内容を事前に知った学校側は「いじめや暴力の問題については知りません」と発言していたが、同校に蔓延している暴力の実態の衝撃はあまりに大きかった。

 元生徒の一人は、一部の上級生が下級生を殴る儀式が1週間に1度程度行われており、性暴力やレイプ被害もあったとまで明かしたのだ。

 作中では、真夜中に身体中をつかむ、ゲームで負けた下級生を動けなくなるまで殴るなど、悲惨な暴力の実態が元生徒たちによって証言されている。生徒による性暴力やいじめが明るみに出た際にも、警察への通報を行わないなど、学校の対応の不十分さも伝えられた。

 ドキュメンタリーが放映された直後、デンマーク王室はすぐさま「(ハールスホルム校で)起こっていることは許されない」と反応したものの、当初は「王子は素晴らしい経験をしていると聞いている」と、王子の学校への在籍と、王女の今秋の入学は見直さない、という方針だった。

 しかし、デンマークの大衆紙Ekstra Bladet によると、学校側が告発制度をスタートさせると、元在校生本人または家族から1カ月で5件の告発が寄せられたという。

 そうした動きから、6月下旬に王室は方針を転換。王子は別の高校に転校、王女も同校への入学を取りやめる決定を下したのだ。

いじめハラスメントは大きな問題ではなく...」

 これに対し、デンマークの王室専門家は、デンマーク公共放送DRの取材に対し、「王室に生まれた者は特権を有すると同時に、特別な責任と義務を果たさなければならない」とコメント。一方で、以前からも同校のレイプ事件について国内外のメディアで報じられていたことから「そもそもクリスチャン王子は同校に入学すべきではなかったのでは」という見解を示した。

 大衆紙Ekstra Bladetによると、同校のいじめ問題が明らかになった後、学校は環境の改善に乗り出しているようだ。例えば、ルームシェア制度は廃止され、1人に1部屋ずつあてがう方針が決定。生徒たちの心の健康を担保するため、スタッフが増員されることも決まった。批判の矢面に立たされた校長は解雇され、その後、学校幹部も辞任している。

 校内の環境を変える取り組みが進められること自体は歓迎されることかもしれない。しかし伝統校ゆえか、学校の反応のあまりの鈍さは新たな批判を呼んでいる。

 幹部陣が刷新され、新しい体制で学校運営が行われることになったが、メディアの取材に対して「いじめハラスメント問題は大きな問題ではなく、ほとんどの生徒は満足のいく学校生活を送っている」と学校側が話す一幕もあったのだ。

 いじめ問題の専門家は、デンマーク公共放送局の取材に対し、「報告されたいじめや性暴力被害の件数を見たり、それぞれを個別のケースとして捉えるだけでなく、長年暴力の温床となってきた同校の文化や習慣を変える必要がある」と指摘。

 政府の教育機関も、同校で暴力などの違法行為が行われてきたと認定。2021年12月以降に同校に支払われた助成金の返還と、上級生に特権を与えるような慣習を廃止するよう求めた。

 ハールスホルム高校での醜聞に関して、イートン校をはじめとしたエリート寄宿学校を持つイギリスメディアも注目。「デイリーメール」紙も、いじめに関わった同校の生徒4人が退学させられたと続報を打っている。

 社会のリーダーを多く輩出してきた伝統校の隠された闇。それは、デンマーク全土に波紋を広げている。

(佐藤 翠/Webオリジナル(特集班))

デンマーク王室の面々。左から2番目がクリスチャン王子、その右隣りがイザベラ王女 ©getty