開発元のキミドリソフト(KIMIDORI SOFT)は時間管理サバイバルゲームたこパ サバイバル』のSteamストアページを公開した。ストアページによると8月27日(土)にリリース予定のとのこと

 本作は『LOST EGG』や『タンブルウィードデスティニー – 荒野を転がるあの子の宿命』でお馴染みの「300シリーズ」の第9弾で公開された作品だ。本作は値段は公表されていないが、前作同様310円にて販売されると思われる。

『たこパ サバイバル』のSteamページが公開_001
(画像はたこパ サバイバル』|Steamページより)

 『たこパ サバイバル』は‘‘たこ焼きパーティー‘‘通称「たこパ」の具材を駆使しどれほど長く生き残ることができるかを競い合うオンライン対応ゲームだ。プレイヤーサバイバルの参加者として「たこパ サバイバル」に挑む。

 具材にはタンパク質炭水化物、脂質の栄養素が個々に振り分けられており、バランスよく食べることが長く生き残るための秘訣だ。もしカロリーが一定数をオーバーしてしまうと、満腹で食べられなくなってしまう。

 具材は20種類以上あり、長く生き延びると新しい具材が解放されていく。画像からはタコはもちろん、キュウリチーズなどの変わった具材も確認することができる。

 またスキルを開放するとたこ焼きサバイバルを優位に進めることができる。スキルには基礎代謝アップ基礎代謝アップなどが用意されているようだ。

 他にもストアページによると、たこ焼きソースをかけるかの掛け合い、崩壊する信頼、それを超えた先にある友情が待ち構えているとの記載がされている。

『たこパ サバイバル』のSteamページが公開_002
(画像はたこパ サバイバル』|Steamページより)

 また本作は最大4人までプレイ可能のオンラインマルチに対応している。モードはいつでも手軽にプレイできる「クイックマッチ」と友達と一緒に遊べる「フレンドマッチ」が用意されている。クイックマッチでは世界中のサバイバーたちが、自分のペースサバイバルを繰り広げており自由に参加できる事が特徴のゲームモードだ。それに対し、フレンドマッチではキーワードで部屋を作成し、特定の友達と一緒にたこパを楽しむことができるゲームモードだそう。

 またオンラインプレイでは他のプレイヤーたこ焼きを焼いてあげるなどの協力要素はもちろん。他の人からたこ焼きを奪うなどの妨害要素もあるそうだ。

『たこパ サバイバル』のSteamページが公開_003
(画像はたこパ サバイバル』|Steamページより)

 現在『たこパ サバイバル』はSteamにて8月27日(土)にリリース予定。たこパをオンラインで遊べる今までになかった体験をできる本作。友達と一緒にプレイしてみてはいかがだろうか。

『たこパ サバイバル』|Steamページ