下半身が麻痺してしまった飼い犬赤ちゃんとのやり取りを捉えた動画が今月6日、TikTokに投稿されて注目を浴びている。動画は生後10か月になる赤ちゃんに犬がハイハイの仕方を教えるもので、多くの人の心を捉えて拡散中だ。『PetsRadar』などが伝えている。

アメリカに住むメス犬“カルーア(Kahlua)”は今から数年前、3階バルコニーから転落し、脊椎と骨盤を骨折、下半身が麻痺してしまった。カルーアはその後、一時的に預かってくれる保護ボランティアによって数か月間のリハビリを受け、オムツをつけながらもなんとか普通の生活ができるまでに回復した。

そんなカルーアを引き取ったのが、生後10か月になるケイレブ君(Caleb)の家族で、今月6日にカルーアのTikTokアカウントKahlua The Paralyzed Dog」に投稿された動画が話題となった。

動画はカルーアが床に座ったケイレブ君にハイハイの仕方を教示するもので、ケイレブ君の母がカルーアに「さあ、カルーア! ケイレブに教えてあげて!」と声をかけると、カルーアが前足を使いながらお尻で移動する変形姿勢のハイハイを披露する。

最初は声を上げ、嫌がっているような素振りを見せていたケイレブ君だが、カルーアがまるでジャンプするかのように進むのを見てやる気が出たのか、お座りの姿勢のまま両手を前に出し、足で漕ぐようにして前進を始めた。

ケイレブ君の母は「息子はなかなかハイハイをしなくてね。カルーアに教えてもらう前は、床をゴロゴロ転がるだけだったのよ。今では普通のハイハイはせず、お尻で動き回っているわ」と明かしており、この動画には「この子のハイハイはカルーアとそっくり」「なんてかわいいの!」「カルーアが生き生きしているわ!」「カルーアはこの子が大好きなのね!」「心がとけそう」といったコメントが多数寄せられた。

なおこの動画の再生回数は約10日間で670万回を超えており、ケイレブ君の母はこのように述べている。

「カルーアはケイレブのことが大好きなの。それに自分は下半身が麻痺しているなんてちっとも思っていないようよ! カルーアは今、人生で最高の時を過ごしているわ!」

ちなみに昨年6月には、階段を上がろうとする1歳男児を体を張って阻止する生後5か月の子犬の動画が拡散した。子犬と男児は強い絆で結ばれているそうで、男児を守ろうとする気持ちがとても強いという。

画像は『Kahlua The Paralyzed Dog 2022年8月6日TikTok「#paralyzeddog」、2022年8月9日TikTokReplying to @ghostfaceandfriends」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト