カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 2019年から近代史上最悪の金融崩壊危機に陥り、貨幣価値が90%以上も失われているレバノンでは、銀行へのアクセスに厳しい制限が設けられている。その為、国民の多くが自分の預金さえ引き出せない状態が続いている。

 そんな中、1人の男性が銀行強盗を働いた。彼は、他人のお金ではなく、自分の預金を引き出すのを銀行側に許可させるため、銃とガソリン缶で脅し、強硬手段に出たのだ。

 包囲中、多くの人々が銀行に抗議の声をあげ、最終的に男性はお金を引き出すことが許可された。彼の劇的な行動は、非難されるどころか国民の英雄として称賛されたという。

 彼は父親の治療費を支払うためにどうしても自分のお金が必要だったのだ。

【画像】 自分のお金を引き出すため銀行強盗をした男性

Armed man demanding frozen deposits takes hostages at Lebanese bank

 8月11日レバノンベイルートにある銀行に、強盗が押し入った。

 犯人は、バサム・アル・シャイフ・フセイン(42歳)で、彼は散弾銃ガソリンの入った缶を持って銀行に入り、職員に「自分の預金を引き出すことを許可しなければ、ここに火を放ち職員全員を殺し、自分にも火をつける」と脅迫した。

 そして、数発の警告射撃を行うと、フセインは複数の人質を取り、6時間の包囲を引き起こした。

[もっと知りたい!→]イスラム国(ISIS)に拘束されている日本人は大丈夫か?歴史上、最も悪名高い世界10の人質事件

 ソーシャルメディアに投稿された動画には、フセインデニムショートパンツサンダル姿で銀行の周りを神経質に歩き回り、人質が彼を説得しようとしている様子が映っていた。

父親の医療費を支払うため、預金を引き出す必要があった

 フセインの口座には、21万ドル(約2800万円)の預金があり、父親の手術費用に1万ドル(約130万円)のお金を引き出す必要があったようだ。

 しかし、多くの顧客同様フセインの口座は銀行によって凍結されていた。

 フセインは、「時間がないんだ!自分のお金を返してくれ!!」と銃を振り回し、「お金を兄弟に渡してくれたら、自分は警察に自首するから!」とも叫んでいたという。

多くの人が彼を応援、国民的英雄と称賛する声も

 銀行内で時間が刻々と過ぎると、外の通りにはフセインを応援するために多くの人々が集まり始め、政府と銀行への非難の声を上げ始めた。

・合わせて読みたい→もしも世界の終焉が近づいているのなら、どこが一番安全なのか?絶対に生き残りたい人が行くべき世界14の避難場所

 フセインにたいする同情と共感の声は高まり、ソーシャルメディアへの投稿では彼を国民的英雄と称賛する声まで寄せられた。

 最終的に、フセインは預金の一部である3万ドル(約400万円)を引き出すことを許可され、その後すぐに包囲を解いた。

 幸いにも、怪我人を出すことなく全ての人質は無事に解放されたという。

 銀行を出たフセインは、国民の絶望の深さを強調するこの出来事を、熱心に見守りながら一緒に抗議の声をあげてサポートしてくれた人々に手を振り、その後警察に自首した。

壊滅的な経済危機で崩壊するレバノン

 レバノンは、2019 年10月から壊滅的な経済危機に陥り、近代史上最悪の金融崩壊が続いている。

 フセインは、レバノンにいる数百万人の被害者のうちの1人に過ぎない。

 今も続いているインフラは、燃料、パン、水の不足に加えて、20 時間以上にわたる停電を引き起こし、都市を荒廃状態にしているようだ。

 また、銀行側が人々に貯蓄へのアクセスを拒否したことによって、その状況がより一層悪化したとも報じられている。

 銀行が、人々に発行する現金が不足しているという理由で、顧客が引き出せる金額に厳しい制限を設けていることから、何百万人もの人々が立ち往生し、自分の預金にアクセスできなくなる事態が発生しているからだ。

 現在人口の80%以上が、極度の貧困に陥っており、その苦境は3 年前の約 30% から更に増加しているといわれている。

 今回、銀行の外に集まった抗議者の群れの中には、擁護団体である預金者組合の弁護士ディナ・アボウ・ゾルさんがおり、次のように話している。

私たちをこのような状況に導いたのは、この経済危機を解決できなかった州と、銀行の対応措置が原因です。

今では、レバノンの人々は毎週の小遣いのように自分のお金の一部しか回収できなくなりました。

だから、人々は自分たちの手で問題を解決するようになったのです。

 事実、フセインのような銀行強盗事件は、レバノンでは初めてのことではない。

 今年1 月には、コーヒーショップの経営者が、銀行員を人質に取って多額の預金を引き出すことに成功した。

 なお、フセインが銀行から強奪した自分の預金について起訴されるか、自分のお金をそのまま保持することを許可されるかどうかは、まだ分からないということだ。

References:Man Becomes Public Hero After Holding Up Bank to Withdraw His Own Money/ written by Scarlet / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

自分の預金を引き出すために銀行強盗をした男性が「国民の英雄」と称えられる。その理由とは?