安倍晋三元総理銃撃事件から1カ月余が過ぎた中、銃撃事件の裏に米中が絡んでいるとの説が流れている。根拠は2つ。まず、安倍氏参院選後に検討していた台湾訪問を止めるためであり、その証拠に事件直後、米国高官が即座に訪日していること。2つ目は安倍氏の命を奪った弾丸1発が発見されておらず、これは「ガリウム銃弾という特殊なもの」との見方が取り沙汰されていることだ。

 奈良県警は1発の銃弾が「行方不明」になっていることを、公式に認めている。現場では回収されず、病院での救命措置中に体外に出たかどうかもわかっていない。

 奈良県警は朝日新聞の取材に対し、「遺体の状況や他の弾は確認できており、事実関係の立証に支障はない」としているが、事件直後から複数の銃マニアなどが、ネット上で「ガリウム銃弾が使用されたのでは」と指摘していた。

 これは体内に入ると溶ける特殊な弾丸で、血液検査をすれば痕跡が分かるというが、あの状況では血液検査まで気が回らないだろう。

 なぜスパイが使用するようなガリウム銃弾が話題になるのか。米国のナンシー・ペロシ下院議長が8月2日に台湾を訪問。中国がこれに反発し、大規模な軍事演習を行った。実は同時期に、安倍氏も訪台する計画だったのだ。日本の総理大臣経験者として初の訪台が実現すれば、中国の反発はさらに大きくなっていただろう。全国紙社会部記者が言う。

「訪台を阻止したかったのは中国だけではなく、米国も同じです。ペロシ氏の訪台は4月から持ち上がっており、中国と手打ちするシナリオを作っていた。安倍訪台でそれをかく乱されてはたまらないと、不快感を示していました」

 安倍氏は米中の思惑を知りながら、政治信条から訪台を強行しようとしていた、とも。米中双方にとって安倍氏の存在が邪魔であり、これが特殊な銃弾が使用されたという見方につながっていく。

 安倍氏銃撃事件を受け、7月11日午前、東南アジアを訪問中のブリンケン米国務長官が急遽、訪日。岸田文雄総理と面会した。国際情報筋は明かすには、

「国務長官が事件3日後に訪日するのは異例。事件の裏に複雑な国際情勢が絡んでいることを示唆している」

 安倍氏の訪台、それを取り巻く米中の思惑、浮上したガリウム弾。

「さながらスパイ小説のごとき見方が出る背景には、自民党と旧統一教会の関係ばかり注目される流れを変えたい、という一部の勢力の思いもあるようです」(前出・社会部記者)

 はたして「疑惑の銃弾」の真相は──。

(健田ミナミ)

アサ芸プラス