猛暑の夏、熱中症対策として水分補給が大切ですが、スポーツドリンクなど糖分を含む清涼飲料水を飲み過ぎると、「ペットボトル症候群」と呼ばれる症状が出て、意識障害が起きることもあるそうです。では、無糖や微糖の清涼飲料水なら大丈夫なのでしょうか。糖尿病専門医の市原由美江さんに聞きました。

意識障害起きる場合も

Q.ペットボトル症候群とは何ですか。

市原さん「そもそも、スポーツドリンクなどの清涼飲料水には多くの糖質が含まれており、大量に飲むと血糖値が上がります。血糖値がだいたい180mg/dlを超えると、尿の中にブドウ糖(尿糖)が出るようになり、尿量が増えます。体内から水分が多く出るため喉が渇き、清涼飲料水を日常的に飲む人はその渇きを解消するために、さらに清涼飲料水を飲むという悪循環に陥ります。

通常は大量の糖質に対して、インスリンが分泌されて血糖値を下げようとしますが、急激で過剰な糖質の負荷にインスリンの分泌が追いつかなければ、さらに血糖値が上がっていき、糖尿病になってしまいます。これが、いわゆる『ペットボトル症候群』です」

Q.ペットボトル症候群はどのような症状が出るのでしょうか。また、どのような人に症状が出やすいのですか。

市原さん「吐き気や倦怠(けんたい)感、意識障害が起きることがあります。症状が出やすいのは、家族の中に『2型糖尿病(遺伝的な要因に運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣が加わって発症する糖尿病)』がいる人や、『境界型糖尿病』『糖尿病予備軍』など、自覚症状がなく明らか糖尿病ではないものの、血糖値が少し高めの人です。

また、普段から清涼飲料水を習慣的に飲んでいる若者は、暑いときは水分補給でさらに多く飲むと思います。血糖値が高いかどうか、若者は自分自身であまり意識はしていないので、若者が突然発症することもあり得ます」

Q.清涼飲料水を1日にどれくらい飲むと、症状が出やすくなるといわれていますか。

市原さん「清涼飲料水500ミリリットルペットボトル1本に含まれる糖質は、スポーツドリンクで約30グラム、コーラサイダーで約50グラムと大量です。摂取した糖質を体内で正常に処理できるかどうかは個人差が大きいので一概には言えませんが、このようなペットボトルを1日に1~2本飲む程度であれば、問題ないことが多いと思います。

しかし、水分補給をお茶や水ではなく、清涼飲料水のペットボトルで全てを賄う人は危険性が高まります。ペットボトル症候群で病院の外来を受診する患者さんでいうと、1日に2リットル以上の清涼飲料水を飲んでいる人が多い印象です」

Q.無糖や微糖の清涼飲料水もいろいろと販売されています。こうした糖分が少ない、あるいは糖分が含まれていないとされている清涼飲料水であれば、ペットボトル症候群の心配はないのでしょうか。

市原さん「清涼飲料水の中でも、無糖のものは全く問題ありません。微糖のものは、100ミリリットル当たり2~3グラムの糖類が含まれていることが多いのですが、これは通常の清涼飲料水に含まれる糖質の半分以下なので、よほど大量に飲まない限りは心配ありません。

夏に水分補給をするときには、喉の渇きで想像以上に、一気に飲み物を飲んでしまうことがあります。清涼飲料水を飲み慣れている人が夏に、水分補給を目的に清涼飲料水を飲む場合、可能な限り無糖や微糖の飲料を選んだ方が安心でしょう」

Q.清涼飲料水以外では、どのような飲み物が水分補給として最適でしょうか。

市原さん「水分補給には、お茶や水が適しています。熱中症予防のためには、カフェインをあまり含まないものが理想的なので、麦茶やルイボスティーがおすすめですが、その他のお茶でもかまいません。積極的に水分補給をしてください。

水を飲み過ぎると、体内の電解質バランスが崩れて、いわゆる『水中毒』になるのではないかといわれています。ただ、水中毒になりやすいのは精神疾患がある人など限られているので、健康な人は1回に200ミリリットル程度の摂取までと意識していれば、過度に心配する必要はないと思います」

Q.水分の補給は、どれくらいのペースがよいのでしょうか。

市原さん「喉の渇きを感じる前に水分補給することが大切です。1日に必要な水分量は1~1.5リットル程度ですが、汗を大量にかいたときや暑い環境にいるときは、それ以上の水分補給が必要です。
普段は朝起きたとき、食事のとき、入浴の前後、寝る前には必ず水分補給をし、それ以外は小まめに、夏の時期であれば、最低30分に1回は水分を口に含むことを意識するといいと思います」

オトナンサー編集部

「ペットボトル症候群」とは?