カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 ニンゲンに保護された動物たち。特に赤ちゃんの場合は、ニンゲンに懐いてくれることも多い。

 今日ご紹介するのは今年の6月に撮影された動画なんだけど、保護されたアライグマの子供たちが、施設のスタッフを追いかける様子が可愛いんだよ。ぜひ楽しんでほしいな。

Baby Raccoons Chase Rehabber || ViralHog

 このドガが撮影されたのは、イリノイ州のオスウィーゴ。シカゴの西にある小さな村だ。

 ちょこちょこと走って来たのは、ここで保護されたちっちゃなアライグマの子供たち。リハビリ担当のスタッフを追いかけて、その足元にちょこんと集まって来たよ。

20220815_034445_batch

 1匹が飢えを見たかと思うと…。

20220815_034442 (5)_batch

 なんとスタッフの足をよじ登ってきちゃったよ。

20220815_034442 (3)_batch

 このアライグマたちはみんな生後6~7週間で、脱水状態で発見されたロッキーと、「ゴミ箱ツインズ」の異名をとるカリプソとキョウの兄弟なんだそうだ。今ではすっかり元気になって、なんとも愛らしいアライグマたちだよね。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

「待って待って!置いてかないで!」保護アライグマの赤ちゃんたち、スタッフの足を可愛く追いかけまわす