人気テレビアニメーション惑星のさみだれ』(原作: 水上悟志先生)が物議を醸している。もともと人気がある作品で、アニメーション化によって大きく注目されていたのだが、肝心の「アニメーションのデキ」がよろしくないというのだ。

『惑星のさみだれ』の作画が驚くほど不評

インターネット上では、実際に放送を観た人たちから複数の悲しみと怒りの声が噴出しており、その多くがいわゆる“作画崩壊”に関すること。どうやら、『惑星のさみだれ』の作画が驚くほど不出来らしい。

稚拙に感じるシーンがいくつかあった

著作権の問題が生じるため記事に作画の画像を掲載することはできないが、Twitter掲示板など複数のSNS等に作画崩壊したシーンの画像がアップロードされているようだ。実際にインターネット配信されている同作品を見てみたところ、確かに、稚拙に感じるシーンがいくつかあった。

怪奇現象ともいえる描写を確認

たとえば、犬を散歩しているシーンでは、胴体だけが動いて顔が静止したままだったり、不自然な動きをしていた。また、全体的にコマ数が少ないと感じたのは気のせいだろうか。また、あったはずの食べ物がなくなっていたり、怪奇現象ともいえる描写が確認できた。

不満が噴出しても仕方ない状況と言える

ファンではない筆者でさえ違和感を感じたので、ファンならば、なおさら違和感をおぼえ不満が噴出しても仕方ない状況と言えるかもしれない。皆さんは、『惑星のさみだれ』を視聴したらどのように思うだろうか。アニメーションスタッフも作品作りは大変だと思うが、頑張ってファンの期待に応えられるクオリティに仕上げてほしいと思う。


※冒頭画像はフリー素材サイト『写真AC』より苦悩のイメージです

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

アニメ『惑星のさみだれ』の作画崩壊が問題視 / 怪奇現象も発生