自宅でフライドポテトを作った際、塩を加えてもイマイチ味が決まらず、困った経験がある人も多いのでは。今回は、タレントで料理研究家のグッチ裕三のオススメレシピを実際に試してみたぞ。


画像をもっと見る

■「すげーウマい」賄いメニュー

タレント業だけでなく、NHKきょうの料理』にレギュラー出演していたりと、マルチに活動しているグッチ。今回紹介するレシピは、YouTubeチャンネルグッチ裕三バイアスかかってます』で紹介されていたものだ。

元々は店の賄いとして作ったメニューだったそうだが、「すげーウマくて、店に出そうかってなった」と話していた。


関連記事:ヒカキンも絶賛 冷めたポテトを「おいしくするまさかの裏技」がスゴい…

■材料は3つだけ

用意する材料は、めんつゆ適量とバター適量、おかか適量の3つのみ。動画内で詳細な説明はなかったが、フライドポテトの量に合わせて調整すると良いだろう。

なお、おかかは多めに用意しておいたほうがいいようだ。記者は3gのパック2つを用意した。

■めんつゆとポテトをあわせたら…

作り方は至って簡単で、まずはフライドポテトを用意。次に、めんつゆバターを耐熱皿に移して、ラップをした状態で電子レンジで10秒から30秒ほど加熱する。

バターが溶けてめんつゆと混ざったものにフライドポテトおかかを投入。

混ぜ合わせれば完成だ。


■あふれてくる旨味がスゴい

皿に盛り付けた後、追加でおかかを投入するのが、グッチ流だそう。記者もおかかを追加してみると、かなりのボリューム感に。

いざ、一口食べてみると…こ、これはウマい! めんつゆの出汁とバターのまろやかな味わいが絶妙にマッチして最高。

さらに、おかかにもタレがしっかりと絡んでおり、ポテトと一緒に食べると、旨味が溢れてくる。箸がどんどん進み、すぐに食べ切ってしまった…。まさに幸せ溢れる激ウマレシピと言えるだろう。

なお、記者が作ってみた所感としては、わざわざ自宅でポテトを揚げなくても、ファストフード店等でテイクアウトしたポテトアレンジしても良いだろう。もし気になった人は、ぜひ試してもらいたい。

・合わせて読みたい→“ある飲み物”を入れただけで… リュウジ氏考案の「そうめんのつゆ」が最高

(取材・文/Sirabee 編集部・北田力也

グッチ裕三の「フライドポテトの食べ方」が最強 これは箸が止まらない…