お笑い芸人やす子(23歳)が、8月16日に放送されたトーク番組「千原ジュニアのヘベレケ」(東海テレビ)に出演。昨今の活躍で“売れた”と思ったことについて語った。

千原ジュニア(48歳)とゲストたちが、お酒を飲みながらトークをする同番組。いろいろなトークが進む中で、最近の目覚ましい活躍により「同級生の友達からも急に連絡きた?」と質問を受ける。

やす子は「地元の子から50枚サイン色紙が送られてきたりとか。で、書いたらメルカリに売られてました」と回答。ともすれば悲しい話だが、ジュニアは「それもある種、有名税というか。サインが人様に売れるっていうことやから」と前向きな言葉をかけた。

また、「地元の小学校で初めてロケして、山口県で」と仕事で“地元凱旋”したそうで、集まった地元の小学生たちが「私のこと『神様』って呼んでるんです。売れました! 『神様』って言ってました」と喜びを語った。