史上最年少(14歳2か月)でプロ入り後、デビュー以来負けなしの29連勝──彗星のごとく将棋界に現れてから6年。現在、竜王、王位、王将、棋聖、叡王と5つのタイトルを持つ藤井聡太竜王の強さの源とは?アマチュア2人がプロ棋士になんでも聞きまくる新刊『あの棋士はどれだけすごいの?会議』の著者である棋士の高野秀行六段、ライターの岡部敬史さん、漫画家さくらはな。さんの3人に、現在、八冠ロードを爆進中の藤井五冠のすごさについて語り合ってもらった。

藤井聡太はどれだけすごい!?

岡部敬史(以下、岡部):ズバリ、藤井聡太五冠の強さの要因は、どんなところにあると思いますか?

高野秀行(以下、高野):よくAIの力が大きいと言われますが、もともと持っている詰将棋の力など、下地の力が、ものすごく大きいと思います。

さくらはな。(以下、さくら):決してAIだけではないと。

高野:「AIがあったから勝っている」といった論調もたまに見かけますが、それはまったくの見当違い。AIがなくても彼は勝ちます。彼の強さの一つを言うと自分で考えることが苦にならないという点です。

さくら:普通の棋士の人は、考えると疲れますか?

高野:疲れるでしょう(笑)

さくら:でも藤井聡太さんは、どこか楽しそう。

高野:永瀬さん(永瀬拓矢王座)も楽しそうでしょう。私、最近「人間の部」ということばをよく使うんですが、AIと違って人間の部の人は疲れます(笑)。彼らも疲れるはずだけど、とても楽しそう。これは羽生世代にもいえることで、ちょっと別次元なんですよね。

◆「終盤力」の源は詰将棋

さくら:藤井さんの強さというと「終盤力」が挙げられます。

高野:先ほど「下地の力」と言いましたが、その源が「詰将棋」。長い手順の詰将棋を解いてきた人というのは、実戦でも長い手順で考えることを苦にしないんですね。途中で読みをはしょったりしない。ただこれは最後まで読まないと指せなかったりして、時間に制限のある“勝負”という面では不利に働くケースもあります。

さくら藤井聡太さんって、詰将棋を解くときに盤面をイメージしないんですよね。あれはどういうことなんですか?

高野:彼が子どもの頃に通っていた教室では、盤面や紙を見ないで符号だけ言ってそれを解いていたんですね。その影響なのでしょう。ただあれは普通の教室ではなかなか難しいと思いますよ。というのは、口で言っただけで盤面を思い描いて解ける子ってすごく少ないですからね。

岡部:確かに(笑)

高野:ただそのことが、今の力にどのように作用したのかはよくわかりません。彼自身も説明できないのではないでしょうか。「みんなは違うのかな?」と思っているかもしれません(笑)

岡部:では、考えるのを苦にしないこと。そして詰将棋の力が強さの要因としてあると。

高野:そうですね。あと強くなる過程を見ていると、何か失敗したとき、それを修正するのがとても上手なんじゃないかなと感じます。

藤井聡太の将棋には「華がある」

岡部:劣勢になっている藤井将棋を見るのも好きなんですが、悪くなってからが本当に粘り強いですよね。

高野:そこに大きな特徴があるんですよね。ポッキリ折れの将棋がないんですよ。2021年度でいえば、王位戦の1局目だけかな。

さくら:豊島さん(将之九段)との対局ですね。

高野:そう。大差で負けたのは、あれくらいじゃないですか。どんなときも、ギリギリの終盤戦で「藤井の王様はなかなか詰まない」と思わせるのは、すごいことです。あと負けた将棋であっても、なにかひとつ見せ場をつくるんですよ。あれも、普通はできることではないです。

さくら:藤井さんは、勝っているだけでなく将棋が面白いですよね。

高野:華がありますよね。思わず膝を打つような、棋士の誰もがこんな手を指せたらいいなという手がよく出てきます。それは安全勝ちをするというより、ギリギリのところを攻めて勝っていくからこそ生まれていると思います。

さくら:ギリギリのところを攻められるのは、やはり詰将棋の力があるからですか?

高野:だと思います。詰将棋って、正解の道が一本しかない。なので、攻めも自然とギリギリのところを行くようになるのでしょう。また、自分の「玉」と相手の攻めの距離感を保っていることも大きいですね。「危なそうだけど、まだ詰まない、大丈夫」と思えば、攻めることができますから。

岡部:安全勝ちをしない。

◆「全員攻撃、全員守り」の将棋

高野:昨年度、安全勝ちをしたのは竜王戦の挑戦者決定戦・永瀬戦の第2局くらいじゃないかなぁ。この対局は私が観戦記を書いたんですが、手厚く勝ったんですよ。だからどうしても勝ちたかった一局だったように感じました。

さくら:あまり玉を囲わないので、最後までハラハラしますよね。

高野:彼は、圧倒的な受けの力があるので、駒がバラバラになっても受け止める自信があるんですよね。ここも藤井将棋が面白い理由かもしれません。

岡部:あまり囲わないから面白い。

高野:玉が堅いということは、そこは動かないから、動く駒が少ないのは事実ですよね。でも、藤井将棋は、囲わないから全部の駒が動くんですよ。大駒が大きく動きやすく、角や桂馬がダイナミックに働く。銀も斜めから後ろに戻るみたいな動きが多い。これも面白さのひとつでしょうね。

さくら:まさに「すべての駒が躍動している」ですね。

高野:そうそう。全員攻撃、全員守りなんですよ。藤井将棋は、最後に思わぬ駒が働いてくる。「実はあなたが主役だったの」って感じのことが多いですよね。

さくら:なんか伏線を回収してるみたいですね(笑)

【棋士 高野秀行】
1972年横浜市生まれ。中原誠十六世名人門下。日本将棋連盟六段。「経堂こども将棋教室」を主宰し、子どもたちに将棋を教える

ライター 岡部敬史】
1972年京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ライター編集者。文春オンライン観る将棋、読む将棋」でも執筆

観る将漫画家 さくらはな。】
千葉県出身。漫画家2013年5月に突然将棋を始める。竹書房『本当にあった愉快な話』にて「えりりん女流棋士の日々」を連載中

写真産経新聞社

―[藤井聡太はどれだけすごい!?]―