画像はイメージ

メーカー系の会社で働く30代後半の女性(手取り18万7000円/静岡県/未婚/年収250万円)は、キャリコネニュースに「恋人選びはとても慎重です」と投稿を寄せた。その理由について、

「準契約社員で1人暮らしのため、家賃、水道光熱費、食費、ガソリン代、任意保険、生命保険スマホ代だけで10万円は飛んでいってしまいます。残りのお金で貯金5万円、さらに残ったお金で好きなことに使ってるという感じなので、恋人ができても交際費に充てるお金もない」

と赤裸々に綴る。では具体的に、どのような交際・結婚を想定しているかと言えば……。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「貯金も少ないので、結婚にも不安があります」

女性は「割り勘とか言ってくる人だったら絶対付き合えません」と断言する。

「(私は)貯金も少ないので、結婚にも不安があります。いろんなところにお金を使うことはわかっていますし、最近は男性でも少数派の昇進してる独身以外は、同じような手取りの方が多いように思いますので、結婚を期待できません。子どもはほしいですが、結婚しても手厚い補助金制度を設けてほしいと思います」

女性は、男性に頼るというより公助の充実を願っているようだが、一方で結婚を半ば諦めているようにも見える。あるいは、「もし自分が高所得だったなら、男性の収入にこだわる必要はなかった」という気持ちもあるかもしれない。女性の希望に沿う恋人候補の男性が現れるといいのだが。

手取り18.7万円、30代女性の恋人選び「割り勘の人とは絶対付き合えません」