画像はイメージ

面接では意図がわからない質問をされることもある。キャリコネニュース読者からも謎すぎる質問の数々が寄せられた。(文:谷城ヤエ)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

面接の1番初めの質問「血液型は何ですか?」

埼玉県の50代前半男性(事務・管理/派遣社員/年収400万円)が面接で聞かれたのは「生まれの干支」。

「会長の干支と私の干支は相性が悪いらしくそれを指摘された。聞いたところ、会長社長が占いに凝っているようでした」

結局、男性は不採用だったという。干支が面接の合否に影響したのだろうか…。

埼玉県の40代後半女性(事務・管理/契約社員/年収200万円)は

「面接の1番初めの質問が、血液型は何ですか?でした。次は、兄弟構成。次に学生時代に加入していた部活」

と話す。もっと別のことを質問してほしい気持ちがあるが、

子どもの部活で、送迎とか気にしているのかと思ったら、まさかの私本人の30年前に加入していた部活の話でビックリしました」

と当時の心境を綴っていた。

面接で「干支が会長と相性悪い」と謎の指摘を受けた男性のエピソード