「遺体発見が報じられてから間もなくして、福岡県警の捜査員から話を聞きたいと連絡が入りました。なんでもA子さんの携帯の通話履歴にある全員を当たっているそうで、私の場合は前年の年末に電話をしているからとのことでした。そこでは、彼女がいなくなった日の前後について、徹底的にアリバイを聞かれました。聴取は2回あり、2回目のときは、『あなたが完全にシロであることを最終確認するためです』と言われています」

 そう語るのは、かつて外資系製薬会社でMR(医療情報担当者)の仕事に就いていた男性である。

 2010年3月15日福岡県福岡市の能古島の浜辺で、女性のものだと思われる、ヘソの下から足の付け根までの胴体部分が発見された。やがて間もなく、その遺体は同市の医薬品卸会社社員・A子さん(死亡時32)のものだと判明する。この「福岡OL死体遺棄事件」は、発生から12年を経ても、いまなお未解決のままだ。(全2回の1回目/続きを読む)

『動物か人間かわからないお尻のようなものがある』と通報が

 冒頭の元MRの男性によれば、当時はA子さんの同僚の他にも、多くの製薬会社社員、医師や薬剤師などが聴取を受けていたという。

 私自身、この事件は発生時から取材を始め、捜査に動きがあるたびに取材を続けてきた。そこで、以前は表に出てこなかった情報も含めて、その詳細を振り返りたい。

 当時の福岡県警担当・X記者は説明する。

「最初に発見された遺体の一部については、3月15日午後3時15分頃、海岸で貝掘りをしていた地元の人が見つけ、『動物か人間かわからないお尻のようなものがある』と通報しました。切断面の状態から死後に鋭利な刃物とノコギリで切断されたと見られています。また、切断面がきれいなため、切断に使用されたのは刃こぼれしたものではなく、新品に近い刃物だと推測されています」

 じつはその2日前、福岡市東区雁ノ巣の海岸で、海上を漂う遺体(一部)を目撃したとの通報が入っており、福岡県警は捜索したが、発見できなかった。そうした経緯を経ての、遺体発見だったのである。能古島で発見された遺体については、性別は女性で、年齢は20代から40代くらいとされ、死後数日から数週間と見られていた。

捜査本部の設置

 福岡県警は所轄の西警察署に『「福岡市西区能古島において発覚した女性死体遺棄事件」捜査本部』を設置。刑事部長以下65名での捜査体制が組まれている。

 翌16日にはすでに、発見された遺体の身元がA子さんであると判明。彼女の自宅住所が福岡市博多区であるため、所轄の博多警察署と西警察署の合同捜査本部が設置され、前記の事件名は同じであるが、それに続く『捜査本部』が『合同捜査本部』へと改称され、博多署に設置された。

 A子さんは同月5日の午後7時頃、福岡県筑紫野市にある勤務先を退社して以降、行方がわからなくなっていた。そのことから捜索願が出されており、同時に彼女の自宅への家宅捜索も行われていた。それが迅速な身元判明に繋がったのである。

ゴルフコンペの集合場所に姿を現さず

 A子さんの同僚は説明する。

「A子さんは翌日の6日に、同じ会社の社員や取引先とのゴルフコンペに参加する予定でした。彼女は新入社員時代のトレーナー(指導社員)だったBさんと一緒に回ることになっていましたが、集合場所に姿を見せず、電話にも出ないため、彼が自宅アパートを訪ねています。しかし、玄関が施錠されていて返事もないため、Bさんは遅れてコンペに参加し、後ろの組でプレーしていました」

 コンペ後にもA子さんとは連絡がつかず、彼女の家族がまず6日に警察に問い合わせを行い、その日から警察はA子さんの行方を捜していた。続いて会社の同僚が、7日の朝に福岡県警博多署に行方不明であることを届け出るなどしたことで、A子さんの自宅アパートなどへの捜査が始まっていた。当時、私の取材に前出のX記者は明かしている。

「風呂場の扉ガラスとベランダの窓ガラスの一部が割れていたことを除けば、室内は目立って荒らされておらず、現金やクレジットカードなどの金品が盗まれた形跡はなかったそうです。また、彼女の通勤用のマイカーは駐車場に残されており、車の鍵や現金入りの財布、仕事用の携帯は室内に残されていて、私用の携帯だけがなくなっていました。遺体がA子さんだと判明後も、彼女が住むアパートの室内には鑑識が入っていますが、とくに血痕や尿の付着は確認されていません」

 じつは彼女のアパート室内の状況について、この当時はメディアに洩れていない情報があるのだが、それについては改めて記す。

アパートで男女が争っていた」という情報

 自宅周辺の取材では、A子さんの行方がわからなくなる2~3日前の深夜に、彼女が住むアパートの入口や通路で男女が争っていたとの情報が出てきた。男が「恐れるものがないくらい好きだ」や「お前を殺すこともできる」との言葉を発しているのを、近所の住人が聞いていたのだ。また、6日の午前2時過ぎには、A子さんの住むアパートの2階から、足元がふらふらになった女性(※誰であるかは不明)を男が連れ出して、路上に停めた車に乗せた姿も目撃されている。

 このように、事件に繋がるのかどうかはっきりしない、未確定な情報が溢れていた。さらに、前出のA子さんの会社の同僚は、彼女の交遊関係について次のように語る。

「以前、A子さんと飲んだときに、社内で年上の男性と交際し、相手の転勤を機に向こうから別れを切り出されたと彼女から聞いたことがあります。A子さんは相手を『先輩』と呼んでいて、別れてしばらく経っていたはずですが、いまだに好きで好きでたまらないといった感じでした。また、別れたときには社内で人目もはばからずに泣いている姿が目撃されています」

 職場でのA子さんは「頼れる姉御」といったタイプで、年上からは可愛がられ、年下からは慕われる「理想の営業ウーマン」だった。同僚は振り返る。

「製薬会社と薬局や病院との間を取り持つ仕事をしていたA子さんは、いつも黒っぽい上下のパンツスーツを着て、お酒の席でも決してゆるくなることはないし、全然、オンナを売りにしたりしないタイプでした」

 仕事熱心で真面目なうえに、慎重な性格であることから、見知らぬ相手を部屋に入れることは、絶対に考えられないとのことだった。この同僚は続ける。

「それこそ、たとえ同じ会社の仕事仲間であっても、相手が男性であれば部屋に上げるどころか、玄関に入れることすら考えられません。ましてやそれが深夜だったとするなら、特別に親しい相手だったか、無理やり押し入られるとか以外ではありえない」

交際相手はシロ

 こうした発言にある通り、福岡県警はかなり早い段階からA子さんの交遊関係を中心に、過去の交際相手への事情聴取を行っている。その結果、交遊関係での犯行ではない、との結論に達していたようだ。当時、取材していた福岡県警担当・Y記者は言う。

「じつはA子さんの過去の交際相手については、捜査本部にも『動向がおかしい』との通報があったそうで、アリバイを含めて徹底的に調べています。しかしその結果、シロとの判定だった。だから交遊関係については、捜査線上から完全に消えたと見ていい」

 ではいったい、彼女のまわりでなにが起きていたというのか。そこで持ち上がったのが、事件の4カ月前である09年11月に発生した、交通事故にまつわるトラブルである。

〈福岡OL死体遺棄事件〉被害者宅で密かに発見されていた猟奇的な“あるもの”とは へ続く

(小野 一光)

能古島にて、遺体の捜索にあたる福岡県警捜査員 ©️小野一光