モデルタレントのアンミカ(50歳)が8月17日、公式ブログを更新。右手首の再手術の後でも“大切にしていること”を明かした。

アンミカは7月5日に更新したブログにて「7/4に右手首の手術をいたしました。約2年前から手首にある豆状骨が石灰化し、尖った石灰が腱や他の神経を刺激して、指に痺れや痛みが起こっていたので、どこかで手術をしなくてはと思いながらも、、、」と手術に至った経緯などとともに、右手首の手術を受けたことを報告。

さらに8月15日に更新したブログでは「手首の経過を心配してくださるファンの皆様、ご心配をおかけしております」と切り出し、「実は先日、1回目の手術の術後の経過がおもわしくなく、再手術を受けさせて頂きました。お陰様で無事に成功し、回復に向かっております」と現状を明かしながら、包帯で巻かれた右手の写真を公開していた。

そしてこの日、「術後の全身ZARAピンクコーデにオシャレ三角巾!」と題してブログを更新。絵文字を交えながら、バラエティ番組「ポップUP!」(フジテレビ系)への出演を報告し、「チーム対抗のジョッキにピンポン入れゲームでは、私は手首のことがあったので、応援させて頂きました」と説明。「みんなはCMの間に猛特訓!!」と述べ、練習風景の写真や集合ショットとともに「負けず嫌いな仲良し火曜メンバーです」「何でも真剣なところ好き」とコメントした。

続けて「術後でも、オシャレ心は大切に」と自身の全身ショットを公開。「全身ZARAピンクコーデに、三角巾は色を統一して、エミリオプッチのスカーフを合わせて!」とコーディネートを紹介した。

最後に「しばらくギブスが外れるまでは、素敵なスカーフコーデをして参りますよ〜」といい、「顔周りがスカーフで華やかになって良いわ〜」と前向きにつづり、ブログを締めくくった。