画像はイメージ

「1人暮らし、やりたいのにできない状況です。まだボーナスがあるので救いがあるが、実家じゃないと生活できないし、いつまでもこうしていられないのに。親にも申し訳ない気持ちでいっぱいになる」

流通・小売系の会社で働く30代前半の女性(香川県/正社員/未婚)が、キャリコネニュースに切実な投稿を寄せた。女性は手取り13万1000円、年収およそ200万円という薄給さを嘆き、「結婚がもう贅沢品のように感じる」とも綴った。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「親が死んだり、病気にかかったりしたときを考えると……」

茨城県で実家暮らしをしている20代前半の女性(流通・小売系/正社員/未婚)も「手取り13万5000円で年収およそ200万円。正社員になって若干増えたものの、とても1人暮らしなんかできない状況です」と焦りを隠せない。

「実家暮らしでなんとか過ごしていますが、貯金なんて貯まりません。副業したいと思っても、禁止されているので怖くてできません」

そのほか都内在住で30代前半の女性(その他/正社員・職員/未婚/年収200万円)は、

「手取り15万5000円。好きなことを仕事にしているので、しょうがないのかな……と思うようにしています。ただ、(給料が)上がる見込みもなくボーナスもないことは、やっぱり『この先どうしよう』と考えます。会社には内緒で副業して、どうにかお小遣いを作っています。今は実家で親も元気でいるのでどうにかやっていけています。親が死んだり、病気にかかったりしたときを考えると、貯金はないので心配にはなります」

と将来への不安を吐露。正社員で働いても、自立できるだけの給与をもらえない人がいる。今の日本の状況は、あまりにもハードモードすぎるのではないだろうか。

手取り13万円台の女性「実家じゃないと生活できない。結婚が贅沢品のように感じる」