個人ゲーム開発者のYuki Nakajima氏は、ボールアクションアドベンチャーゲームWHY I was Born』の発売を開始したと発表した。

 対象プラットフォームはPC(Steam)。価格は税込612円。8月25日まで税込550円(10%オフ)となるセールを実施する。

 『WHY I was Born』は、平凡な男が歩んだ人生をたどり「生きる意味」を探すボールアクションアドベンチャー

 「よくわからないまま生まれて、ただ命を転がしていた」。プレイヤーは自身の人生をそう振り返るボールとなって、昔遊んだ公園、学校、一人暮らしの部屋、アルバイトの店、会社など男の記憶の世界を次々に探索し、その人生を辿っていく。

ボールとなり人生を振り返るアクションゲーム『WHY I was Born』が発売開始_001
ボールとなり人生を振り返るアクションゲーム『WHY I was Born』が発売開始_002
ボールとなり人生を振り返るアクションゲーム『WHY I was Born』が発売開始_003
ボールとなり人生を振り返るアクションゲーム『WHY I was Born』が発売開始_004

 家族との別れ、虚無と孤独、社会と人間関係、さまざまな経験を経て、男は自身の生きる意味を導き出す。アクションステージアドベンチャーステージに分かれており、パズルホラーの要素があるという。

 ひとりの男の人生を転がるボールのメタファーとして描くゲームのようで、公開されているトレーラーでは、ボールが転がるだけでなく大砲で飛ばされたり、ボールベビーベッドであやされているノスタルジックシーンもあるようだ。

ボールとなり人生を振り返るアクションゲーム『WHY I was Born』が発売開始_005
ボールとなり人生を振り返るアクションゲーム『WHY I was Born』が発売開始_006

 フリーゲームの『ゆめにっき』やアニメねこぢる』などから影響を受けており、制作期間は3年に及んだという。作者のYuki Nakajima氏が昔住んでいた神戸のワンルームや、実際の配置を再現したアルバイト先の店、大阪で見かけた巨大工場などの景色を詰め込んでいるとのこと。

 プレイ時間は4時間から5時間ほどを想定しており、プレイ動画の実況・配信も歓迎しており、配信収益化の事前連絡不要だそうだ。

 『WHY I was Born』が気になった人は購入を検討してみてはいかがだろうか。

Steam『WHY I was Born』はこちら個人ゲーム開発者のYuki Nakajima氏のTwitterはこちら