愛知県春日井市で、41歳の男性会社員から現金3万円をだまし取ったとして、自称作業員17歳16歳の男と15歳女子高校生が逮捕された。

 今年4月、15歳女子高校生Twitterで男性と接触。パパ活を目的に春日井市内のカフェデートと称して会い、男性が2万円を女子高校生に渡す。その後、17歳16歳の男が店に現れ、「人の彼女に何、手を出しているんだ」と因縁をつけ、現金3万円を脅し取った。

 ​>>62歳女性、出会い系サイト利用料に約345万円騙し取られる 女性の行動を疑問視する声も<<​​​

 8月15日になり、17歳16歳の男、さらに女子高生を恐喝の疑いで逮捕する。警察の取り調べに対し、17歳の男は容疑を認めているが、16歳の男は「口止め料として1万円をもらっただけ」、女子高校生も「恐喝をするなんて知らなかった」などと容疑を否認している。状況を見る限り、女子高校生と男2人が共謀のうえ、恐喝目的で男性を誘い出したことは明らかであろう。

 この事件に、ネット上では「どこでこんなことを覚えたのか。裏に組織がいるのか、春日井という土地がそうさせるのか」「親の顔が見てみたいね。どうせ奪い取った金もロクなことに使っていないんだろうし」「厳罰を与えるべき。そうしないとまた同じことを繰り返す可能性がある」「春日井ではパパ活と美人局が個人レベルで行われている。怖いね」と憤りや驚きの声が上がる。

 また、「被害者も情けない。2万は売春目的の金だろ。自業自得という感じがする」「パパ活をやるのも情けないし、“人の彼女に何、手を出しているんだ”と言われても“だからなんだ”と反論すればいいだけの話」「パパ活という時点でなんらかの警戒をするべきだろ」という指摘も出ていた。

画像はイメージです