【この記事の動画を見る】

父親を自死で亡くしたアメリカ在住の女児が今夏、レモネードスタンドを開いた。「親を亡くした苦しみを、他の人には味わってほしくない」との強い思いからで、集まったお金は心の病気を抱える人をサポートする団体に寄付された。『People.com』などが伝えている。

ウィスコンシン州シボイガンに住むカイリー・ブルネットちゃん(Kyleigh Brunette、8)は2019年11月、32歳だった父ジョードン・ウェイフィールドさん(Jordon Wakefield)を自死で亡くした。

カイリーちゃんはまだ6歳で、母ブリタニー・ブルネット=ティメッシュさん(Brittany Brunette-Thimmesch、30)は当時、ジョードンさんの死因について娘に説明することはなかった。

ブリタニーさんは「娘は亡くなった直後から『なぜ?』と聞いてきたわ。でも私は娘の心の準備ができるまで待つことにしたの。ただいつかは娘に話をしなければいけないことは分かっていた。娘が夫の自殺について人づてに聞く前にね」と語ると、このように続けた。

「実は学校のカウンセラーにも『子供たちが成長し、噂をするようになる前に真実を伝えるべきだ』と念を押されていて、“その時”が来た時の伝え方についてアドバイスを受けていたの。」

「今年3月のことだったわ。学校から帰って来たカイリーにいつもの元気がなくてね。聞いてみると、友達数人に『父親がどのように亡くなったのか』と質問されたと言うの。それで私はカイリーと一緒にベッド潜り込み、こう伝えたの。」

「ダッド(お父さん)は外から見ただけでは病気には見えなかったでしょうね。でも本当は心の病気を抱えていたのよ。」

こうして大好きだった父親の死から2年、ジョードンさんが鬱に苦しみ自ら命を絶ったことを初めて知ったカイリーちゃんは「ダッドはいつも幸せそうで、私のことを幸せな気持ちにさせてくれたのに…」とひどく驚いた様子だったという。

そして夏休みに入ってしばらく経った頃、カイリーちゃんは母に「レモネードスタンドを開いて、集まったお金を寄付したい」と相談を持ちかけた。そこでブリタニーさんが「動物愛護団体に寄付しては?」と提案すると、カイリーちゃんはこのように訴えたそうだ。

「私はダッドのように心の病気を持つ人を助けてくれる施設にお金を寄付したい。ダッドに敬意を表したいし、他の人には私のように親を亡くした苦しみを味わって欲しくないの!」

こうしてカイリーちゃんは先月1日と8日、自宅近くに妹と一緒にレモネードスタンドを設置し、地元の人たちの協力で約10万7400円(800ドル)を集めた。レモネードスタンドの看板には「メンタルヘルスのためのレモネード」「ジョードン・ウェイフィールドに敬意を表する」「100%自殺防止のために寄付される」と記された。

カイリーちゃんは先月中旬、800ドル全額を地元の非営利団体「メンタルヘルスアメリカレイクショア(Mental Health America Lakeshore)」に寄付しており、ブリタニーさんは「私はカイリーを心から誇りに思う。本当に素晴らしい8歳よ」と述べて娘を称えた。

ちなみにジョードンさんはサッカーが大好きな娘の試合には必ず応援に来ていたそうで、カイリーちゃんは「ダッドは面白くて、優しくて、私のことをとても愛してくれていたの。それに私を怒鳴ったことは一度もないのよ」と語ると、こう続けた。

「ダッドがつまらない冗談を言ったり、朝に学校へ連れて行ってくれたり、夜に私を寝かしつけてくれたり。そんなことを昨日のことのように思い出すの。全てが恋しくて仕方ないし、ダッドのことを思わない日はないわ!」

なおカイリーちゃんは、来年もレモネードスタンドを開く計画を立てているそうで「ダッドがそばにいなくて寂しいけど、きっと私のことを笑顔で見ていてくれていると思う!」と瞳を輝かせた。

画像は『People.com 2022年7月15日付「After Learning Her Dad Died of Suicide, 8-Year-Old Sets Up Lemonade Stand to Raise Money for Awareness」(PHOTO: COURTESY BRITTANY BRUNETTE-THIMMESCH)』『Brittany Ann Thimmesch 2022年7月7日Facebook「Alright everyone! Update on the lemonade stand!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト