走り回る子供

時と場所をわきまえずに大声ではしゃぎ、走り回る幼い子供を連れての外出はひと苦労だ。ほとんどの場合、子供は叱られても数分後にはまたもとのテンションに戻ってしまう。

Instagramで今、そんな子供を育てている親たちが共感せずにはいられない、ある父親の嘆きが話題となっている。イギリスの『The Sun』が報じた。


■子供をロープでつなぎ外出

Instagramで話題になっている動画を公開したのは、アメリカケンタッキー州で5歳の5つ子を育てているジョーダン・ドリスケルさん(31)だ。

親子で外出する際、以前は複数台のベビーカーを使用していたが、成長によりすでに使えなくなってしまったという。そこでジョーダンさんと妻のブリアナさん(34)が生み出したのは、犬の散歩のように5人の子供それぞれをロープでつなぐ移動手段だった。


関連記事:20代ベビーシッターが子供に高温の鍋を押し当て逮捕 「痛い思いをして学べ」

■「いつも非難される」と嘆き

動画のなかで、ジョーダンさんは「子供たちとこうして外出すると必ず非難される」「一度僕たちと一緒に出掛けてみれば、こっちの大変な状況をわかってくれるはず」と訴えかけている。

夫妻はメディアの取材にも「私たちの心の平穏を守り、ストレスのない楽しい外出にするためなのです」と明かした。そうすることで、混雑した場所でも誰一人迷子になることなく、スムーズに移動することができるというのだ。

■夫妻に対し厳しい意見も

だが、動画を見た世間の意見は真っ二つに割れた。「彼らは犬ではなく人間です」「それは親がしつけや監督を怠っているだけでは?」といった批判の声があがっている。

さらに「いつ、どこで、どういう行動をしたら危険なのか、きちんと教えなければ」「しつけが無理なら、そもそもなぜ子供をつくったのか」と、夫妻に対し厳しい意見が多数寄せられている。


■「大変さは経験者だけが分かる」

一方で「彼らは間違ってなんかいない。親の一番の使命は子供たちを迷子や危険から守ること」「5歳児の5つ子を育てる大変さなんて、本人たちにしか分からない」と、夫妻の置かれている状況に理解を示す人たちも多いようだ。

また「子供たちを傷つけているわけではない」「私も子供と外出する度にイラ立った。ロープがあれば…と実際に何度思ったことか」と擁護する親たちもいる。

・合わせて読みたい→自宅に押し入った不審者を刺殺した男に実刑19年 判決内容に世間から批判噴出

(文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ

5歳の5つ子をロープでつなぎ外出する父親 「親の怠慢」か「子供の安全」で議論