販売元のDevolver DigitalCult of the Lamb』について、発売1週間で全世界の売上本数が100万本を突破したことを明らかにした。

 本作は8月12日(金)に発売された、ローグライク要素をふくむアクションアドベンチャーゲームプレイヤーは謎めいた存在に見出された「子羊」となり、自ら教祖となって信者を操ってカルト教団」を経営していく。

 ゲーム「教団の経営」ダンジョン攻略」のふたつを軸に構成されており、経営パートでは信者から寄せられる要望に応えたり、便利な施設を建てて彼らの信仰心を高く保つことに務める。信者を生贄に捧げたり、夜が明けるまで踊ったりと、さまざまな「儀式」を行ってそれに応じた効果を得ることも可能だ。

 一方のダンジョン攻略パートランダムダンジョンが生成されるローグライク形式となり、敵対する4人の司教やその信者たちと対峙していく。探索の中では施設の建築に必要な資金や資材が入手できるほか、生贄にされそうな者を助けたり、一部の敵に命乞いをさせたりと、新たな信者を獲得する機会も用意されている。

『Cult of the Lamb』発売1週間で100万本の売上を達成1
(画像はSteam『Cult of the Lamb』販売ページより)

 そのキュートビジュアルと「カルト教団」というダークテーマのギャップは発売前から話題を呼んでいたが、今回リリースから1週間という短い期間で100万本の販売を達成したことが明らかに。Steam上では記事執筆時点で1万3000件以上のレビューを集め「非常に好評」を記録するなど、実際のプレイヤーからも高い評価を受けていることがうかがえる。

 また、公式Twitterアカウントの発信によれば、同作には今後もバランス調整バグ修正が行われ、さらに無料のコンテンツアップデートなどを通じてさらにゲームを改善していく予定であるとのこと。大きな話題となった『Cult of the Lamb』の今後にも注目していきたいところだ。

『Cult of the Lamb』発売1週間で100万本の売上を達成2
(画像はSteam『Cult of the Lamb』販売ページより)

 『Cult of the Lamb』はNintendo SwitchPS4PS5Xbox OneXbox Series X|S、PC(Steam、GOG.com)向けに現在配信中、ゲーム本編は日本語にも対応している。本作に関する詳細については、各ストアページや公式Twitterアカウントなども参照されたい。

ニンテンドーeショップ『Cult of the Lamb』販売ページはこちらPlayStation Store『Cult of the Lamb』販売ページはこちらMicrosoft Store『Cult of the Lamb』販売ページはこちらSteam『Cult of the Lamb』販売ページはこちら
リンク