「どこにも安全なところがないぞ、と。思想がテロに近い」ウクライナ市民の意思をくじこうとした、ロシア軍の“誤算” から続く

 東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠氏。ロシアによるウクライナ侵略からしばらくの間、テレビを始めとするメディアで見ない日はなかったといっても過言ではない、ロシアを専門とする安全保障研究者だ。

 ウクライナ侵略に踏み切ったプーチン政権に対して厳しい目を向ける氏ではあるが、自身の経験をもとに、市井のロシア人の生活から、国家観、社会を紹介する『ロシア点描』(PHP研究所)を上梓するなど、軍事以外の面での理解の必要性も訴えている。

 前編では、戦争が膠着状態にあること、それを打開するためロシアには動員という術があるが、プーチンは動員に踏み切れていないと小泉氏は指摘した。それはなぜか――。(全3回の2回目/#1#3を読む)

◆◆◆

動員は政治的賭け

小泉悠さん(以下、小泉) 核と違って人類滅亡の危険は無いから、ロシアは動員をかけてもいいはずなのにしていない。多くのロシア研究者が言っているのは、動員は国民に不人気だからプーチンは動員しないという話です。プーチンに聞いたわけじゃないので憶測ですが。 

 多くのロシア通も指摘していますが、プーチンは民意を気にする独裁者だと思います。プーチンが強いから国民を従わせる側面がある一方で、国民が支持するからプーチンが強いという逆のベクトルがあると思います。その2つの区別がつかない形に癒着しているのがプーチン権力だと思うんですよね。 

 なんでそんなことになっているか。僕は身も蓋もない理由だと思ってて、プーチンキャラってロシア人っぽいんです。ロシア人は笑わないんですよ。未だに覚えてますけど、暑い日にスタンドで水を買おうと思って「冷たい水あるか」と聞いたら、いきなり「15ルーブル」と言われて。「いや、冷たい水あるのか」って言ったら、「馬鹿かお前。あるんだから15ルーブルと言っているんだろう」みたいな、そんな調子なんですよね。 

 プーチンの登場した当初、あの痩せこけた青白い顔して笑わないプーチンは、なんとなくロシア人の国民的感覚にフィットしたと思うんです。それと90年代の混乱にうんざりしていたところに、プーチン体育会系的な秩序を持ち込んできた。それは色々な癒着や汚職の源泉でもあるけど、少なくとも平場で暮らす分には暮らしやすくなった。

 僕がロシアにいた時はまだギリギリ取っていましたけど、警官から賄賂取られなくなるとか、窓口の対応がよくなるとか、社会福祉関係とか本当に良くなったと思います。公務員も真面目に仕事するようになったという話から、ロシアの国際的な威信を取り戻してくれたというような話まで。

 ここで動員かけるのは政治的な賭けだと思います。「皆さんの平和な日常は終わりです」とプーチンが言えるかというと多分言えないから、5月9日の戦勝記念日にも動員を発表できなかった。ロシアにはエスカレートする手段があるけど、できないってことですよね。 

ロシアにとって“第二次大戦の記憶”が重い理由

――安直に例に引きたくはないですが、ヒトラーも国民に第一次大戦の記憶(ドイツ国内で深刻な飢餓が発生した)を呼び起こす総動員は戦争後半まで避けてましたね。それと同じように、国民に負担を強いる動員は、ロシアにとってもトラウマなんでしょうか?

小泉 独ソ戦2000万人死んでいますからね。モビルザーツィア(動員)という言葉が持っている、社会や生活全体を飲み込んでいく恐怖感というのはすごくあると思います。 

 プーチンも実際に戦勝記念日の演説で「この戦争で誰も犠牲者を出さなかった家庭はありませんでした」と言ったことがありますが、みんな戦争に行ったり、軍事工場で働いたり、空襲を受けたり、まさにアレクシエーヴィチ(ソ連邦内ウクライナで生まれ、現在ベラルーシ国籍の作家・ジャーナリスト2015年ノーベル文学賞受賞)の『戦争は女の顔をしていない』の世界です。

 一方では勝利の華々しい記憶もあるけど、それがものすごく陰惨だったのもロシア人から消すことはできない。プーチン自身、レニングラードドイツ軍に900日包囲されて、お母さんが餓死寸前になる状況でした。あの総力戦の陰惨さは、プーチンも一ロシア人として理解しているからこそ、言えないのだと思います。 

――ロシアにとって、70年以上前の第二次大戦の記憶というのは、それほど重たいのでしょうか。 

小泉 ものすごく重たいし、プーチンがその記憶を自分で復活させてきた面もあると思います。前提として、ロシア人はあの77年前の戦争を全然忘れていない。最近の日本って、8月15日スルーしてますよね。ロシア人はドイツが攻めてきた6月22日とか勝利した5月9日は、非常に重たく祝って、重たく記憶しています。

 多くの日本人にとっての悲劇って45年になるまで、人々の目に分かる形で無かったと思います。ソ連の場合、いきなり本土決戦から始まるので、あれを4年やったのは、雑な言葉かもしれませんけど、民族的トラウマとしか言いようがない爪痕を残したと思うんです。

 それで勝ったもんだから、それはそれで悪い気もしないから、その記憶をプーチン2000年代以降にすごく利用した部分があると思います。例えば、5月9日に赤の広場でやるパレードとかも90年代は兵隊しか行進してなかったんですよ。それが2007年になって、ICBMや戦車が出てきたりして「こんなパレードを復活させたんだ」といった話を当時した記憶があります。

 2000年プーチン大統領になって、ロシアを何とかまとめようとしている時に、一番便利な国民統合の原理が「あの邪悪なナチスを我々は倒した」ということだったと思うんですけど、それをやりすぎた結果、自家中毒になって、自分たちがナチスみたいなことをやってるという何とも言えない状況です。

――国民統合のために使ったら、さらに第二次大戦の記憶が強化されて、今の動員への忌避に繋がったんでしょうか。 

小泉 プーチンも自分が呼び起こした記憶によって、またあれやりますとは言えない。たぶん今のプーチンの路線としては、第二次大戦ナチスを倒した、人類悪を倒した我々は正しいという記憶と、今のウクライナナチスだから倒すっていう話を重ね合わせたいし、ある程度そういうストーリーメディア空間を圧倒しているので、そんなもんかと思ってる人たちは結構いると思います。

 あと、プーチンの恐らく裏テーマというか、「俺の代でウクライナロシアに回収する」といった民族主義的野望もあって、それを心から支持してる人もいると思うんですよ。

 だけど、じゃあ皆さん家庭や仕事を捨てて軍隊に行ってください、ウクライナと戦ってくださいって時に熱狂的にそれに応じる人や、夫や息子を軍隊に送り出すことに同意する家族がどのぐらいいるか。いるかもしれないし、案外やってみたすごい熱狂を呼んだりするのかもしれませんけど、プーチンの計算としては、それはしたくないと思います。 

プーチンウクライナの団結を促した?

――第二次大戦の記憶は、ソ連の構成国だったウクライナも持っていると思いますが、ウクライナでは動員が既に行われていますし、国民の抗戦意思は高いです。この違いはどうお考えですか。 

小泉 ウクライナアイデンティティクライシスを抱えた国で、いろんな帝国の端っこが集まってできている国だから、人種的にも言語的にも宗教的にも一致しない国だったわけですよね。

 だから一体感がないと言われてきたし、プーチンもそのことを指して「ウクライナは国家ではない」というようなことを言ったり、今回戦争が始まる前もロシアテレビで「ウクライナはいろんな帝国からの施しでできている国である。その真ん中の何もない荒れ地だけが本来のウクライナだ」といった、ウクライナを下に見るような言説があったんです。 

 だけど、8年前の戦争でウクライナは部分動員をかけて、常時10万人ぐらい動員したんです。西のポーランド系の人達から、キエフの人、歴史的に複雑なザカルパッチャ州の人まで全国的に徴兵されて、近代的なネイションビルディングの経験を、彼らはこの8年したと思うんですね。しかも、その機会をウクライナロシアに再統合すると息巻くプーチンが提供したとすると、本当に歴史の皮肉だなと。 

 ロシア側にも言い分があるにしても、ウクライナから見ると全く理解できない言い掛かりをつけてプーチンが侵略を仕掛けてきた。となると、これは祖国防衛戦争だから、わかりやすい形の国民の団結を促します。8年前にプーチンウクライナに兄弟殺しを仕掛けて、反発を買っていたのを今回は決定的にした契機と思います。いつまでこの士気の高さが続くかは別の問題ですけど、今起きてることは不思議ではないと思うんです。 

「今回の戦争でかなりロシア人の友人を失った」安全保障研究者の小泉悠が直面した、大国・ロシアが持つ“違う世界観” へ続く

(石動 竜仁)

小泉悠先生 ©平松市聖/文藝春秋