株式会社ドリアシ(東京都新宿区、代表取締役:和田雄磨)は、日本酒の酒蔵経営ボードゲーム「蔵咲」日本語版の一般販売の受注受付を開始いたします。

販売ページURL
https://www.sake-doron.com/product/kurasaku-jp/
■『蔵咲』について
本商品は、各プレイヤーが酒蔵の経営者である蔵元となり、経営手腕を競い合います。蔵人(従業員)に見立てたワーカー駒をはじめ、様々なカードボードを使って遊ぶボードゲームです。

企画発案をチドリアシ代表取締役和田、『Love Letter』等数々のボードゲームを世に送り出してきたボードゲームデザイナーカナイセイジ氏のゲームデザインの元、限られた経営資源の中でお米の原料調達をはじめ、移り変わる需要に合わせた日本酒の製造、販売まで一貫して行うの経営者の責任を、ボードゲームとして忠実に再現しており、本物さながらの酒蔵経営が体験できます。

グラフィックデザインには別府さい氏のグラフィックスを、カードイラストにはたかみまこと氏のポップでやさしいタッチイラストを使用しています。

2022年6月~7月にクラウドファンディングサイトCampfireで実施した先行販売プロジェクトでは、23日間で560万円を超える支援をいただき、お手元に届けることができました。「とても日本酒呑みたくなるゲーム!是非ともまたやりたい」「他プレイヤーの作ってる酒の種類を見ての駆けひきも楽しい」等と多くの方にご好評いただいています。

『蔵咲』公式ページ
https://www.sake-doron.com/kurasaku-boardgame/


■一般発売概要
2022年8月18日より、日本酒バル『どろん』公式ページでの『蔵咲』一般販売の受注受付を開始いたします。
販売ページURLhttps://www.sake-doron.com/product/kurasaku-jp/
※商品発送は、9月中旬以降となります。

内容物
・通常版

・特別版:通常版のプレイヤートークン(木製)45個の代わりに限定トークン日本酒瓶型)45個が付随するもの

価格
・通常版:7,150
・特別版 (w/日本酒トークン):8,250円
※内税・送料別

■同時販売「カナイセイジ氏との『蔵咲』試遊会参加券」
本作ゲームデザイン担当、カナイセイジ氏とお酒を片手に少人数で『蔵咲』を遊ぶ会の参加券を販売いたします。日本を代表するデザイナーの1人であるカナイセイジ氏本人と、実際にプレイできる希少な機会です。2部入れ替え制となっており、各回参加者は4人と少人数。『蔵咲』をプレイされたことがなくても、各回ゲームルール説明を行います。

お酒を片手に気軽に蔵咲を楽しみながら、本作のボードゲーム作成秘話など 、皆さんで語り尽くしましょう!

試遊会概要
・日時:2022年9月11日(日)
・時間:13時~16時 第1部の参加権
・場所:日本酒バルどろん
・住所:東京都新宿区西新宿7-19-21 厳島ビル101
アクセス:JR新宿駅西口から徒歩8分、東京メトロ丸の内線西新宿駅E8出口から徒歩2分

販売ページ
https://www.sake-doron.com/product/sep-11_event/

カナイセイジプロフィール
日本を代表するアナログゲームデザイナーの一人。日本の「ミニマリズム」を体現する小箱のカードゲームを中心に、さまざまなゲームの制作を手掛けている。代表作の小箱カードゲームラブレター』は世界中で販売され、ボードゲームの本場・ドイツでは「ドイツ年間ゲーム大賞」推薦、ファンによって選ばれる「ドイツゲーム2014」において4位に入賞している。

■会社概要
会社名:株式会社ドリア
所在地:〒160-0023
東京都新宿区西新宿七丁目19番21号
代表者:和田 雄磨
設立: 2020年1月
URLhttps://www.sake-doron.com/
事業内容: 日本酒専門の飲食店の運営、訪日外国人向けの旅行サービスの企画・運営、関連するコンサルティング業務、日本のキッチン用具の企画販売
https://www.ninjafoodtours.com/

和田雄磨
岐阜県出身。早稲田大学卒業後、米ゼネラルエレクトリック本社で財務企画や監査業務に携わる。2017年に退社後独立。「Ninja Food Tours」の屋号で訪日外国人向けの日本酒講座やツアーサービスを開始、2020年にはトリップアドバイザーランキングで全国9位まで成長。2019年には日本酒専門店「日本酒バルどろん 」を開店、後に西新宿の現住所に移転。

■本リリースに関するお問い合わせ先
Mailinfo@sake-doron.com

配信元企業:株式会社ドリア

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ