メイン画像

今週末の関東は、急な雨に注意が必要です。暑さは少し落ち着きますが、蒸し暑くなるため、熱中症対策を。

土日の外出 雨具を持って

画像A

関東は、きょう19日(金)の青空とカラッとした暑さが一転。今週末は所々で雨が降り、ムシムシした不快な暑さになりそうです。

あす20日(土)の関東は、時おり日が差すものの、雲が多いでしょう。午後はあちらこちらで雨が降り、平野部でもにわか雨がありそうです。雨の降る時間は短いですが、お出かけの際は折りたたみの傘があると良いでしょう。

21日(日)も急な雨に注意が必要です。大気の状態が不安定になるため、山沿いを中心にザッと強く降る所もあるでしょう。午後ほど雨が降りやすく、一時的に雨の範囲が広がる可能性があります。

今週末は落雷や突風が吹くおそれもあり、最新の情報をこまめに確認しましょう。特に外のレジャーを予定されている方は、空模様の変化に気をつけてください。

蒸し暑い 熱中症対策を

最高気温は20日(土)、21日(日)ともに30℃前後の所が多いでしょう。ただ湿気が多く、あす20日(土)の東京都心の湿度は、下がっても60%くらいの予想です。空気がまとわりつくような、不快な蒸し暑さになるでしょう。喉が渇く前に水分を取り、風通しの良い服装を心がけてください。

最低気温は22℃から24℃くらいで、平年並みの所が多いでしょう。けさ(19日)と同じくらいの気温でも、秋のさわやかな体感ではなく、ムシッと感じられそうです。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

画像C

最新の「気象情報」を入手するには、テレビラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

雨雲レーダーチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。

雷レーダーチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。

注意報・警報チェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。

関東 土日は急な雨に注意 蒸し暑さが復活 30℃くらいでも熱中症対策を