20日(土)は、沿海州付近の前線を伴った低気圧が北東進し、前線が北海道付近を通過します。また、日本海中部の別の前線を伴った低気圧が三陸沖に進み、前線が東~西日本に南下する見込みです。このため、北~西日本では雲が広がり、日本海側では午前中から雨の降る所が多く、太平洋側では午後を中心に雨の降る所があるでしょう。所により雷を伴って激しく降る見込みです。特に、北陸や近畿の日本海側では昼頃から雨脚が強まり、所により大雨となるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意、警戒してください。
一方、日本の南の太平洋高気圧はほとんど停滞するため、南西諸島は概ね晴れますが、所によりにわか雨や雷雨がある予想です。

気象予報士・吉田 信雄)

20日午前9時の予想天気図。