プラモじゃなくて実車なのに「ノリ」でくっつけて大丈夫!? 最近よく聞くクルマの「構造用接着剤」って何?

この記事をまとめると

クルマのボディの組み立てに、構造用接着剤が使われることが増えた

■エポキシ系接着剤、アクリル系接着剤、ウレタン系接着剤に大別される

■構造用接着剤のメリットデメリットを解説する

接合強度はスポット溶接・ボルト・リベットの2倍以上

 クルマのボディの組み立ては、何枚ものパネルを接合して作られている。その接合方法は、ネジ、リベット、スポット溶接などが一般的だが、最近は欧州車を中心に接着剤で接合する例が増えてきた。

 子供の頃、プラモデル作りなどに親しんできた世代からすると、「接着剤? 溶接などに比べるとかなり頼りない気がするが、ボディパネルの接合に使って大丈夫なのか?」と心配になってしまうかもしれない。

 でも心配ご無用。自動車のボディなどに使われる接着剤は、強度と耐久性が必要な箇所に用いられる構造用接着剤といって特殊なシロモノ。その接合強度は、スポット溶接、ボルト、リベットなどの2倍以上といわれている。

 構造用接着剤は、エポキシ系接着剤、アクリル系接着剤、ウレタン系接着剤に大別され、エポキシ系接着剤は、材料強度が高く、耐久性に優れているのがメリット

クルマの「構造用接着剤」とは

 近年使用が増えてきた、アクリル系接着剤は、エポキシやポリウレタンよりも、硬化が速いのが特徴。樹脂などとも相性がいい。

 ウレタン系接着剤は、エネルギー吸収が必要な複合材を接着するのに適している。とくにエポキシ系とアクリル系接着剤は、高張力鋼やアルミニウムの接合が得意。

 CFRP(炭素繊維強化プラスチック)などの複合材料の接合には、構造用接着剤なら歪みや樹脂の劣化の心配がないことも普及を後押ししている。

 具体的にはフロアパネル、ピラー、ドア、テールゲートフード、トランクリッドなどの接合に構造用接着剤が使われていることが多い。

軽量で加工しやすい鋼板でも剛性アップが可能!

 ここで構造用接着剤のメリットをまとめておこう。

 鋼板の接合をスポット溶接で行なうと文字通りスポット=点接合になってしまうが、構造用接着剤なら面接合になるので、ボディ剛性がアップする。

 これまで、ボディ剛性を高めるには、スポット数を増やしたり、鋼板を厚くしたり、加工しにくい強度の高い鋼板を使用するしかなかったが、構造用接着剤を使うことで、軽量で加工しやすい鋼板でも剛性が出せるようになる。

 また、スポット溶接、ねじまたはリベットでの接合は、一部に応力が集中してしまうが、構造用接着剤を使えば接合部分の荷重を全体に分散することが可能。接合面が凸凹しないのできれいに仕上がり、外観の手直し、研磨などの工程が減らせる。

クルマの「構造用接着剤」とは

 溶接などと違い、高い専門スキルが不要になり、疲労や作業時のリスクも軽減。作業時間の短縮にもつながる。

 その他、防錆、NVH性能の向上、パネルの疲労や樹脂の劣化の軽減なども構造用接着剤のメリット

 デメリット失敗した時にやり直しが困難だったり、構造用接着剤の種類が多く選定に悩むといったことが挙げられるが、日進月歩で技術改良が進んでいる分野でもあり、これからますます使用範囲が広がっていくはず。

 トヨタなどでは、スポット溶接と構造用接着剤の併用接合(ウエルボンド工法)も採用。破壊に対する強度も高くなってきている。

クルマの「構造用接着剤」とは

プラモじゃなくて実車なのに「ノリ」でくっつけて大丈夫!? 最近よく聞くクルマの「構造用接着剤」って何?