代替テキスト
サンナ・マリン首相(写真:AP/アフロ

フィンランドのサンナ・マリン首相(36)が大炎上している。

現在はチリのガブリエル・ボリッチ大統領(36)にその座を譲ったが、かつて史上最年少の国家指導者として注目を集めたマリン首相。議員やキャスターなどとパーティで激しく歌い踊る動画がソーシャルメディアで流出し、野党などから激しい批判を浴びているとフィンランドのIltalehti紙が伝えた。

動画ではコカインについて叫ぶ声も聞こえることから、連立与党を組んでいる中央党のミッコカルナ議員は、マリン首相に薬物検査と結果の公表を求めているという。

マリン首相は18日の記者会見で薬物疑惑については否定。「隠していることは何もありません。踊って、歌って、祝って……私がしたのは合法的なことだけです。深酒もしていません」と主張した。

また会見では、プライベートな映像が流出してしまったことについて「撮影されていたのは知っていました。公開されることはないと信じていたのに、残念です」とリーク元に怒りを滲ませた。