マンチェスター・Cバルセロナの両指揮官マンチェスター・Cのフェラン・ソリアーノCEOが、移籍が噂されるポルトガル代表MFベルナルド・シルヴァに言及した。24日、移籍市場に詳しいジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自身の『Twitter』で伝えている。

 バルセロナマンチェスター・Cは24日、筋萎縮性側索硬化症ALS)の撲滅に向けたチャリティーマッチで対戦。カンプ・ノウを舞台に、師弟関係の両監督や多くのスターが一堂に会した一戦は、3-3のドローに終わった。

 この一戦を機に大きな話題の1つとなったのが、ベルナルド・シルヴァの去就だ。かねてからバルセロナが獲得を狙っているとされるレフティーだが、バルサの経済面の問題などもあり、未だ実現していない。マンチェスター・CのソリアーノCEOは、「ベルナルド・シルヴァに関する交渉や話し合いはない」とし、「マンチェスター・Cにとってマーケットはもう閉まったと考えていいかもしれない。もう終わったんだ」と、これ以上の移籍はないことを仄かした。

 だが、B・シルヴァについて問われたシャビ監督は、「ベルナルド・シルヴァを好きじゃない人なんているかい?デ・ブライネハーランドもね…ベルナルドはシティのキープレーヤーで、違いを作るんだ」と同選手を高く評価。「彼を気に入っているよ。あんな選手は滅多にいないからね。でも(去就は)マンチェスター・C次第だ」と、自身のお気に入りの選手であることを明かした。

 そして、マンチェスター・Cを率いるグアルディオラ監督も、「我々はベルナルド・シルヴァに残ってほしいが、誰にもここで不幸になってほしくはない。まずは2クラブが合意に達することが必要だけどね。その上でもちろん、私はチームに残ってほしい」とし、「ベルナルド・シルヴァが本当にバルセロナを好きなのは事実だよ」とも明かしている。

 移籍市場のクローズが迫るなか、相思相愛とも考えられるB・シルヴァのバルセロナ移籍は実現することとなるのだろうか。

バルサ移籍が噂されるB・シルヴァ [写真]=Getty Images