【元記事を音楽ナタリーで読む】

映画「HiGH&LOW THE WORST X」の初日舞台挨拶が本日9月9日に東京・丸の内ピカデリーにて行われ、キャスト川村壱馬吉野北人(ともにTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、NCT 127ユウタこと中本悠太BE:FIRSTRYOKIこと三山凌輝前田公輝塩野瑛久、総監督の二宮”NINO”大輔、監督の平沼紀久が登壇した。

【大きな画像をもっと見る】

本日全国公開された「HiGH&LOW THE WORST X」はEXILE HIROプロデュースする「HiGH&LOWシリーズと、高橋ヒロシマンガクローズ」「WORST」がクロスオーバーした映画「HiGH&LOW THE WORST」の続編。劇中歌にはTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE、MA55IVE THE RAMPAGEBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE、PSYCHIC FEVER from EXILE TRIBE、DEEP SQUADの新曲が使用されている。

冒頭で川村が「前作から3年という時を経て、今日公開を迎えることができました。以前からこの作品を支えてくださってた皆さんがいるからこそできたことだと思うので本当に感謝しております」と感謝を述べる。続けて本作の見どころについて、「豪華な新キャストの皆さんに出演いただきました。豪華だからこそ好きなキャラクターが見つかると思いますし、わかりやすい青春を見て熱くなっていただけるんじゃないかなと。観終わったあとにやる気がみなぎってくる作品だと思います」とアピールした。

本日の舞台挨拶にVTRで出演予定だったが、急遽来日してリアル登壇したユウタ。ヘアカラーを金髪にチェンジした彼は「毎回違うユウタを見せられるように髪色をチェンジしていて、今回は金髪で来ました」と茶目っ気たっぷりに笑い、「挑戦した映画で、どうしても(舞台挨拶に)出たいと思っていたので来れてうれしい」と喜んだ。ユウタとひさびさの再会を果たした塩野は、「(ユウタは)この作品に対する思いがすごい。しかもわざわざLINEで『瑛くん来れることになったよ』と連絡をくれて。こんなうれしいことはないですよね。できた男だよ」とエピソードを披露。これを受けてユウタは「本当は秘密にしたかったんですけど、いつの間にか告知が出ていて(笑)。みんなとは青春のような素敵な時間を共有させていただいたので、韓国にいる間もずっとみんなのことを考えていましたね」としみじみとした表情を浮かべた。

また劇中で瀬ノ門工業高校の須嵜亮を演じるユウタ、同高の天下井公平を演じるRYOKIの2人は、この日劇場入りする数刻前に、東京・表参道カフェランチをしていたことを明かした。ユウタに「RYOKIがしつこくてしつこくて」と冗談口調で突き放されるも、RYOKIはランチタイム振り返り「一緒に話していると癒されるんですよね」と照れくさそうに口元を緩ませる。ユウタの魅力を語るRYOKIに対して、前田は「遠距離中の彼女か!」と勢いよく突っ込んだ。その後も2人は「1時間半くらいだったけどすごい濃い時間だったよね」と仲のよさをアピールした。

舞台挨拶の終盤ではユウタRYOKIへのサプライズ演出が用意された。座長・川村は、本作でシリーズ初参加となった2人へ感謝の思いをつづった手紙を朗読。「それぞれ違う環境でがんばっていても、僕ら仲間がいます。近くにいても離れていても思い出すだけで安心できるような存在でいたいと思っています。この年になって改めて青春を経験できてよかった。かけがえのない友より」と噛み締めるように読み上げた。

ユウタRYOKI、川村、吉野の4人が歌う劇中歌「Wings」が流れる中、ユウタは瞳を光らせながら「16歳で韓国に渡ったので青春を味わえてなくて。普通の高校生活を過ごしていたらこんな感じだったのかなと思えた現場でした。壱馬くんと深夜2時くらいに音楽室みたいなところで話していたことをすごく覚えていて。本当にこの作品は人生の大切な思い出です」と語る。RYOKIは「ずるいですよね。このタイミングで『Wings』……」と言葉を詰まらせながらも「ユウタくんがおっしゃってくれたように、いろんなことを鮮明に覚えています。大変な撮影ではあったんですけど、すごく達成感を感じました。熱量高く参加させてもらったし、少しでも作品に貢献できていればなと思います」とコメントし、感動的なムードで舞台挨拶を締めくくった。

(c)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (c)高橋ヒロシ秋田書店)HI-AX

左から三山凌輝、中本悠太、川村壱馬、吉野北人。