映画『HiGH&LOW THE WORST X』の初日舞台挨拶が9日、都内にて開催。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬と吉野北人、三山凌輝(BE:FIRSTRYOKI)、中本悠太(NCT 127YUTA)、前田公輝、塩野瑛久と平沼紀久監督、二宮”NINO”大輔総監督が登壇した。


HiGH&LOWシリーズと漫画『クローズ』『WORST』(原作・髙橋ヒロシ)の2大最強コンテンツクロスオーバー映画『HiGH&LOW THE WORST』の続編となる本作。


【画像】キャストら和気あいあいイベントの様子(全78枚)


川村は本作の公開に「ずっと『撮れそう』『でもやっぱり撮れなくなった』というのが続いて、3年という時を経てこの続編がやっと今日公開という形で迎えることができました」と振り返る。


「“ハイロー”の頃からこれまでこの作品を支えてくださっていた皆さんがいるからこそ実現したことだと思いますし、この素敵な出会いも皆さんの支えだったり、スタッフさんの支えがあってこそだと思うので、本当にに感謝しております」と喜びを噛み締めた。


また普段韓国で活動している中本は、この日は急遽来日することが叶ったという。映画本編とは違う金髪姿に司会が驚くと「みんなが少しでも変わった中本悠太を知れるように、毎回ちょっとチェンジしていきたいんですけど、逆にわかりづらいと言われる(笑)」と苦笑した。


来日は、今回のイベントにどうしても出演したかった中本自らの交渉で実現したそうで、塩野は「LINEで『瑛くん来れることになったよ』って言ってくれて。『素敵な仲間に出会えたから、絶対に僕も参加したいと思ってスケジュールを合わせてもらった。自分から言った』という風に言ってくれて。こんなにうれしいことはない。できた男だよ」と中本の思いに感激。


前田が「俺にも個人的にLINEくれた」と明かすと、中本は「本当は秘密にしてみんなを驚かせたいなと思っていたんですけど、なんか告知が出てて(笑)。『これは言うしかないな』と連絡させてもらった」と打ち明けた。


また三山は「実は朝、劇場に入る前に悠太くんが来日してから1時間半くらい時間があったんですよ。その1時間半でちょっと話したいこともあったので、表参道カフェランチしてました」と中本とのランチタイムを告白。


「本当に隙間ありゃ行くな」というツッコミには中本が「凌輝がしつこくてしつこくて(笑)」とぼやき、三山は「おいおいおいおいおい!」と反応していた。


【画像】仲良く顔を見合わす三山&中本


三山は中本について「ちょっと疲れてる時とかに、やっぱり癒してくれるんですよ」とコメント。「遠距離の彼女か」と指摘されると、「全然会えなかったので、僕もメンタルやられてて」と中本と会えない時間を振り返った。


さらに「バレなかった?」と聞かれると、中本いわく「皆さん僕たちのこと知ってくれていて、帰り際に手振ってくれた」そうで、「俺たち変な話してなかったかな」と不安になったという。


三山は「オープンテラスでご飯を食べてたんですよ。天気も良かったし。車に乗り込んだ瞬間にパッとテラス見たらテラスに座ってらっしゃるお客さん全員がこっちに手振ってた(笑)。『そんなに気付かれてたの!?』みたいな」と食事を終えてから存在に気付かれていたことがわかり、驚いたと語った。

川村、中本、吉野、三山が歌った劇中歌『Wings』の話題では、吉野が「普段アーティストをやっていてもコラボとかは難しいので、こうやって映画を通してコラボができたっていうことは、本当に光栄な気持ちでいっぱいです」としみじみ。「4人の仲の良さだったり青春感をすごく感じていただけるような楽曲になっている。イベントでもこの間歌わせていただいたんですけど、すごく感動した」と続けた。


イベント終盤には、川村が中本、三山に向けて手紙で感謝を伝えるサプライズも。


「出会ってからの日数とかじゃなく、繋がれる人は繋がれる。今作で出会ったみんなもそれぞれが違う環境で頑張っていて、誰しもうまくいくことばかりではないですが、どんな時もいつだって、僕ら仲間がいます」


「物理的に離れていても、近くにいても、コミュニケーションが多くても少なくても、その存在を思い出すだけで、どこか安心できるような力が湧いてくるような、そんな存在で僕もいられるように頑張りたいと思っています」


などと思いを伝えると、中本は「鳥肌立ちました。本当に僕もすごく同じ思いだった」としみじみ。「僕、韓国に16歳の時に渡ったので、なかなか青春っていうものを味わえてなくて。もし普通の高校生活を送っていたら、こんな感じで友達と和気あいあいと過ごしてたのかな」と撮影を思い返していた。


三山はBGMとして流れる『Wings』に「ずるいっすよね、このタイミングで流すのは」と指摘。続けて「すごい大変な撮影ではあったんですけど、それ以上に達成感もあったし、本当に大きいことを成し遂げたような感覚」と語り、「エンターテインメントの1つの歴史が変わるような出来事もたくさん詰め込まれている作品だと思うので、本当にたくさんの人に愛されてほしい」と力を込めた。


【画像】キャストら和気あいあいイベントの様子(全78枚)


▼『HiGH&LOWインタビュー記事

『HiGH&LOW』川村壱馬、山田裕貴へのリスペクトと偏見は「芝居で黙らせてやろう」

THE RAMPAGE吉野北人、親友役 川村壱馬との芝居スタイルは対極?メンバーの存在は?

三山凌輝(BE:FIRST)、親友 中本悠太(NCT 127)とは「馬が合いすぎ」豪華コラボに「芸能界が変わる」

ドワンゴジェイピーnews