メイン画像

きょう14日も、関東から西では、9月とは思えないような厳しい残暑が続くでしょう。近畿など35℃以上の猛暑日の所もありそうです。近畿から九州、沖縄では熱中症警戒アラートが発表されている所もあります。熱中症に警戒をしてください。

9月とは思えない厳しい暑さ

画像A

きょう14日は、全国的に晴れ間が出るでしょう。日差しがたっぷり降り注ぐ所もあり、沖縄や九州から東北は、日中の最高気温はきのう13日と同じくらいまで上がる所が多くなりそうです。

沖縄と九州から関東甲信にかけては気温がグングン上昇し、多くの所で最高気温が30℃以上の真夏日になるでしょう。関東甲信や近畿など、35℃以上の猛暑日になる所もありそうです。9月とは思えないような、まるで真夏のように厳しい暑さが続くでしょう。

近畿~沖縄に熱中症警戒アラート

画像B

きょう14日の熱中症情報を見てみると、沖縄と九州から東海は「危険」、関東や北陸は「厳重警戒」、東北は「警戒」となっています。

和歌山県広島県長崎県熊本県鹿児島県沖縄本島地方には熱中症警戒アラートが発表されています。これらの地域では、普段以上に、熱中症への十分な対策が必要です。熱中症警戒アラートが発表されていなくても、関東なども厳しい暑さが予想されます。のどが渇く前に、こまめに水分を補給したり、なるべく涼しい服装を心がけてお過ごしください。

北海道は秋の涼しさ 一気に20℃前後に

一方、北海道は、きのう13日は最高気温が30℃近くまで上がった所もありましたが、一転してきょう14日は20℃前後と、秋の涼しさを感じられそうです。前日との気温差が大きくなり、体感がガラッと変わります。お出かけの際の服装にご注意ください。

9月とは思えない厳しい残暑 35℃以上の猛暑日の所も 熱中症に警戒