竹野内豊主演ドラマ「イチケイのカラス」が映画となって2023年1月13日(金)に公開する。ドラマに引き続き、黒木華が出演するほか、斎藤工向井理が新キャストとして発表され、2人からコメントが届いた。合わせて、ティザービジュアルと特報も解禁となった。

【動画】竹野内豊“みちお”と黒木華“坂間”が再び出会う(映画「イチケイのカラス」より)

■令和“月9”NO.1作品の映画化に、2人の新キャラ登場

本作は「モーニング」(講談社)で連載された浅見理都氏の同名コミックを原作に、2021年4月期にフジテレビ系列・月曜9時枠の連続ドラマとして放送された。自由奔放で型破りな裁判官・入間みちお(竹野内)と、みちおとは対照的に超ロジカルなエリート裁判官・坂間千鶴(黒木)のほか、個性豊かなメンバーの活躍がコミカル&ビターに描かれ、令和“月9”NO.1視聴率を記録。

この度、映画には実力派俳優の2人が新たに登場。みちおと対峙する最年少エリート防衛大臣に向井、坂間とバディを組む地方の心優しき人権派弁護士役を斎藤が演じる。

またメガホンをとるのは、「コンフィデンスマンJP」シリーズはじめ、数々のヒット作をコミカルかつ心温まるヒューマンストーリーで手掛ける田中亮監督、脚本には映画「プラチナデータ」やドラマ絶対零度シリーズを手掛ける浜田秀哉、2人がドラマから引き続きタッグを組む。

合わせてティザービジュアルと特報も解禁。みちおが朗らかに微笑み「今度は国を怒らせちゃった?」と、いつも通りのマイペースな言葉がキャッチとなったティザービジュアルは、黒木は凛々しく、向井と斎藤の厳しい顔が印象的だ。また特報では「職権を発動します!」という“イチケイ”ならではの、みちおの名台詞から始まる。開けてはいけないパンドラの箱をあけ、国家権力を敵に回した2人。“イチケイ”らしいコミカルな要素の中に、重厚な人間ドラマも詰まった映像となっている。

斎藤工コメント「月本信吾は、現代の司法の光と影の象徴とも言えると思います」

新機軸で画期的なTVシリーズをいち視聴者として楽しく拝見していたので、そんな魅惑の世界線の仲間に入れていただくことは、光栄かつ身の引き締まる思いでした。私の演じた人権派弁護士・月本信吾の背負っているモノ、社会や地域との距離感、まなざしは、現代の司法の光と影の象徴とも言えると思います。

そして、今や世界的な撮影監督である四宮秀俊さんが田中亮監督と共に撮る今回の劇場版イチケイのカラスは、法律で介入できない地方や中央のグレーな部分にメスを入れながらも、ドラマシリーズの持つ軽やかさ、ポップさが織りなす新たなリーガル作品になるのではないかと、いち映画ファン、いちイチケイファンとして完成を心待ちにしております。

向井理コメント「少ない登場シーンの中で、鵜城英二の人間性をどう出していくかが難しかった」

オファーをいただいた時、数ある法廷ものの作品のなかでも今までと違う視点で描かれる作品という印象があったので、出演がすごく楽しみでした。連ドラからのチームに映画から参加し、初めましての方も多かったですが、その中でも違和感なく過ごせたのはチームの皆さんのおかげでした。

今回演じた鵜城英二は、野心的な政治家の面もありつつ、ステレオタイプ政治家ではない部分もあったりといろんな要素がある役です。少ない登場シーンの中でどう人間性を出していくかが難しく、現場で監督とすり合わせていきました。

僕も個人的に傍聴席に行ったことがありますが、法廷には本当に筋書きのない物語がたくさんあると思います。今作は法廷で生まれるドラマとしての面白さだけじゃなく、いろんな人たちの人間関係や張り巡らされた複雑な伏線が回収されていく爽快感がたくさんあると思いますので、ぜひ劇場で体感していただければと思います。

■田中亮監督コメントキャスティングが決まった瞬間、目が点になってしまいました」

え? 出てくれるんですか? 斎藤工さんと…向井理さんが…? お二人とも? 願っていた通りのキャスティングが決まった瞬間、うれしさと驚きのあまり目が点になってしまいました。この映画の最も重要なゲストである二役には当初からキャスティングイメージが明確にありました。

月本は人権派弁護士として汗をかく土臭さがありながら、坂間を翻弄する大人の魅力を持っている役なので斎藤工さんにしか演じられない。

鵜城は史上最年少防衛大臣という特殊なキャラクターリアルに感じさせるほどの芯の強さと知性を持ち合わせた方に演じていただきたいので、向井理さんしかいないとそれぞれ考えていました。

最大の敵・鵜城とにらみ合うみちおの静かな怒り、新たなバディ・月本と見つめ合う坂間の穏やかなまなざし、今までのイチケイでは見せたことのない表情がそこにはあります。斎藤さんと向井さんの魅力に彩られて、激しくも温かい人間模様がスクリーンいっぱいに広がりました。ぜひ楽しみにしていてください。

■映画「イチケイのカラスストーリー

入間みちお(竹野内)が、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を去って2年。異動先の熊本で多くの「みちおの犠牲者」を出したみちおは、岡山県瀬戸内の長閑な町に再び異動になっていた。

異動早々、みちおが担当することになったのは、平凡な主婦が史上最年少防衛大臣に包丁を突きつけたという傷害事件。事件の背景には、近海で起きたイージス艦と貨物船の衝突事故が関係していた。不審点だらけの衝突事故。みちおはもう一度調べようと動き出す。だが、イージス艦の航海内容は全て国家機密。みちおの伝家の宝刀「職権発動」が通用しない難敵であり、さらに最年少防衛大臣・鵜城英二(向井)が立ちはだかる。

一方、坂間千鶴(黒木)は「裁判官は必ず他職を2年経験しなくてはいけない」という慣習から、弁護士として活動を始めていた。配属先は、奇しくもみちおの隣町。そこで出会った人権派弁護士・月本信吾(斎藤)と新たにバディを組み、小さな事件にも全力投球していく。そして、人々の悩みに寄り添う月本の姿に、次第に心惹かれていく。そんな中、町を支える地元大企業のある疑惑が浮かび上がる。

映画「イチケイのカラス」ティザービジュアル/(C)浅見理都/講談社 (C)2023 フジテレビジョン 研音 東宝 講談社 FNS27社