トヨタ「86」から「GR86」に乗り換えて9カ月! オーナー赤裸々告白! 進化ポイントと不満点とは

「AE86」も先代「86」も乗ってきたオーナーはどう感じたのか?

 それまで「86」に乗っていた筆者が、発売されてすぐにトヨタGR86」をさっそく購入し、納車されたのが2021年12月のこと。それから約9カ月、7000km乗ってみて分かったのは、あらゆる面での進化と、さらなる進化への希望だった。

進化ポイント1:トルクフルな2.4Lエンジン

 なんと言っても先代86との最大の差はエンジンである。チューニング界的には排気量アップというと1割が主流。わずか1割でも排気量が上がると一気にパワートルクも上がるので、日産ならRB26は2.8Lへ、SR20は2.2Lに。スバルはEJ20も2.2Lに、そして三菱の4G63も2.2Lにするのが主流だ。

 ところがFA20型エンジンの2.0Lから、GR86ではFA24型の2.4Lになり、20%も排気量が上がってしまった。となると、どうなるか! 圧倒的トルクの獲得である。これまでもブン回せばそこそこのエンジンだったが、FA24は5速や6速ホールドのまま高速道路での再加速もしやすい。合流時も4速で余裕をもって加速することができるのだ。

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

進化ポイント2:ガッチリ感マシマシのボディ

 ボディは先代86の雰囲気を残しながらも圧倒的にしっかりした。先代でもしっかりしていて、よく曲がる素晴らしいボディだと思ったが、比べ物にならないくらい剛性感が高まり、ハンドリングが上質になった。

 とくに先代の前期モデルはボディがバタバタした印象だった。後期はリヤの板厚が上がったこともあり、落ち着いた雰囲気になってマイナーチェンジとは思えないくらい良くなったが、それがさらに良くなっている。

 パワーアップしたエンジンもしっかりと受け止めてくれるからこそ、ほぼノーマルのままながら、サーキットビックリするほどのタイムが出てしまう。例えば佐々木雅弘選手のマイカーでは、ダウンプリングとタイヤの変更のみで筑波サーキットを1分3秒台で走っている。これは、ちょっと前であればマツダRX-8のそこそこチューニング仕様や、2LターボスバルWRX STI、三菱ランサーエボリューションあたりのライトチューンでもなかなか出せないくらいのタイムなのである。

進化ポイント3:ドライビングポジション

 シートはすごくしなやかにドライバーを包みこむものに変わった。先代のノーマルシートとは雲泥の差である。マイカーはRZグレードで、シートの表皮がスエード的な仕上がりなのだが、これがまた、衣服と高い摩擦を発生してカラダが滑りにくく疲れにくい。

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

 ステアリングもとても扱いやすいものになり、正直、秘蔵のMOMONARDIに交換しなくてもいいかなぁと思ってしまうほど。シートステアリングドライバーの位置関係も大変良く、ステアリングボスで延長しなくてもステアリングが遠くない国産車には初めて乗った。

The post トヨタ「86」から「GR86」に乗り換えて9カ月! オーナー赤裸々告白! 進化ポイントと不満点とは first appeared on AUTO MESSE WEB.

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

トヨタ「GR86」を買って9カ月のオーナーが進化ポイントを語る

筆者のトヨタ「GR86 RZ」