今年の新入社員は何を考えているか分からない……いつの時代も、そんな嘆きが会社の上層部からは聞こえてきました。最近の新入社員が会社、そして上司・先輩に求めているものとは? みていきましょう。

新入社員の退職率…指導がないと10ポイントアップ

2022年度、新入社員の入社から半年あまり。初々しい社会人1年目だった若者が、いつのまにか頼もしく成長したという人も多いのではないでしょうか。

厚生労働省によると、2022年3月大学(学部)卒の内定率は、今年4月時点で前年同期比0.2%減の95.8%。コロナ禍の経済停滞も影響し、コロナ前の2020年98.0%、2019年97.6%と比べて、少々低調でした。

そんな新規学卒者(大学)の給与(所定内給与)は平均月22万5,400円。男女別にみると男性で22万6,700円、女性で22万3,900円。業界別の最高は「鉱業、採石業、砂利採取業」で25万6,000円、最低が「複合サービス業」で19万9,400円でした。

新入社員を巡っては、入社前後のミスマッチはつきもの。日本労働組合総連合会『入社前後のトラブルに関する調査2022』によると、そもそも初職となる会社を選んだ理由として、「無期雇用である」が最多で33.9%。「業務内容に興味があった」20.7%、「やりがいがある仕事だ」が20.1%、「福利厚生が充実している」が15.2%、「年間休日が多い、取りやすい」が13.8%と続きます。

しかし入社してみて初めて分かる会社の問題点はどこもあるもの。「問題はない(選択肢にない)」が30.0%。つまり新入社員の7割は、何かしら問題を感じたということ。最多は「時間外労働が恒常的である」で29.2%。「仕事に見合わない低賃金である」29.0%、「精神的に不調になり、辞める人が多い」が23.6%、「有給休暇が取得できない人が多い」が19.0%と続きます。

また同調査によると、初職の会社を「半年以内に退職した」が7.7%、「半年~1年で退職した」が6.2%、「1~2年で退職したが」が10.4%、「2~3年で退職した」が5.2%。33.2%と、3割強の新入社員が退職を決めています。また日本労働組合総連合会では「入社後の新入社員研修や先輩・上司からの指導がなかった人」の離職率は41.9%と、10ポイント近く高くなると指摘。逆を言うと、しっかりとしたフォローがあれば退職率を改善できるといえるでしょう。

いまどきの新入社員が求める「理想の上司」「理想の先輩」

指導がないことが新卒者の退職率を高める……とはいえ、世代が異なると、どのように対応すればいいのか、分からないというケースも。一般社団法人日本能率協会『2022年度新入社員意識調査』で新入社員に対し、仕事や働くことに対する意識について聞いています。

「あなたが理想的だと思うのはどのような上司や先輩ですか」の問いに対して最多は「仕事について丁寧な指導をする上司・先輩」で71.7%。前回調査から10ポイント近く増加しました。一方で、10年前の調査では33.7%だった「場合によっては叱ってくれる上司・先輩」、34.1%だった「仕事の結果に対する情熱を持っている上司・先輩」は、それぞれ17.6%、9.5%と大幅減。

【あなたが理想的だと思うのはどのような上司や先輩は?】

仕事について丁寧な指導をする:71.7%

言動が一致している:36.7%

仕事の結果に対するねぎらい・褒め言葉を忘れない:29.4%

部下の意見・要望を傾聴する:28.6%

仕事だけでなく、プライベートも大事にする:26.6%

部下の意見・要望に対して動いてくれる:25.1%

仕事で成果を上げ、周囲からも信頼されている:24.2%

場合によっては叱ってくれる:17.6%

プライベートな相談にも応じてくれる:14.9%

仕事の結果に対する情熱を持っている:9.5%

リスクを恐れずチャレンジをする:8.1%

仕事を任せてくれる:5.5%

出所:一般社団法人日本能率協会『2022年度新入社員意識調査』より

また「意欲や能力を高めるために上司や先輩に期待する」のは「成長や力量に対する定期的なフィードバック」が最多で61.8%。「ワークライフバランスをとれる柔軟な働き方ができる環境づくり」が51.0%と続きます。

「新人は叱って育てる」とか「いまどき叱ってくれる人は貴重」などという感覚はいまや時代錯誤。「手厚く」、そして「丁寧に」。いまどきの新入社員は、個人個人、きめ細やかな対応を求めています。

(※写真はイメージです/PIXTA)